リトル・ランナー【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログリトル・ランナー

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲リトル・ランナー

2006/02/01  (水) 20:32| 新作映画編集

奇跡なんて、起こしてみせる!
リトル・ランナー日本公開日:2006/01/28 ■「リトル・ランナー」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔カナダ公式サイト
監督:マイケル・マッゴーワン/
出演:アダム・プッシャー/キャンベル・スコット/ジェニファー・ティリー/ゴードン・ピンセント/タマラ・ホープ/ショーナ・マクドナルド/

【ストーリー】
主人公のラルフは、カトリックの学校に通う14歳の少年。父は戦死し、唯一の肉親である母も入院という境遇にも負けず、明るさを失わずに生きる彼は、校則破りの常連として校長に目をつけられているヤンチャ坊主だ。だが、その青春の日々が終わったことを告げるように、病状の悪化した母が意識不明の重体に。
「奇跡でも起きない限り、昏睡から目覚めることはない」と医者から宣告されたラルフは、半年後に行われる第53回ボストンマラソンに、史上最年少で優勝するという〈奇跡〉を起こそうと決意する。クラスメイトにバカにされながらも、奇跡を信じ、黙々と自己流のトレーニングを続けるラルフ。そんな彼の熱意に打たれ、コーチを引き受ける元オリンピック選手のヒバート神父。さらに、看護婦のアリス、親友のチェスター、初恋の少女クレアたちの協力を得たラルフは、度重なる苦難を乗り越え、心身ともにたくましく成長を遂げていく。そして迎えたレース本番。世界の強豪がズラリと居並ぶなか、果敢に先頭集団にくらいつく。果たして、彼の切なる思いは天に届くのか!?
【原作・ノベライズ】
-

【コメント】
定番といえば定番な親子愛と子供の可愛さを基本としたお話のようであります。師匠ってば「優勝するという奇跡が起こったらそこで奇跡が使われて終わってしまうのでは?」などという少々夢のないことを申しておりましたよ…。基本的に子供は好きなので興味のある作品です。

「リトル・ランナー」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「リトル・ランナー」を検索
「リトル・ランナー」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


  1. 原作:-
  2. 原題:Saint Ralph
  3. 監督:マイケル・マッゴーワン/
  4. 製作:テッツァ・ローレンス/マイケル・サウザー/
  5. 脚本:マイケル・マッゴーワン/
  6. 撮影:ルネ・オーハシ/
  7. 美術:マシュー・デイヴィス/
  8. 音楽:アンドリュー・ロッキングトン/
  9. 衣装:アン・ディクション/
  10. 出演:アダム・プッシャー/キャンベル・スコット/ジェニファー・ティリー/ゴードン・ピンセント/タマラ・ホープ/ショーナ・マクドナルド/
  11. 製作国:カナダ/
  12. 時間:98分
  13. 製作年:2004
  14. ジャンル:コメディ/ドラマ/
  15. 製作/配給:ギャガ・コミュニケーションズ
  16. 日本公開日:2006/01/28
    (2006,01,09)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。