ダウン・イン・ザ・バレー【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログダウン・イン・ザ・バレー

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ダウン・イン・ザ・バレー

2006/01/30  (月) 20:55| 映画感想編集

彼女のまなざし、彼女の微笑み、彼女の肌、それが僕のすべてだった。

ダウン・イン・ザ・バレーお薦め度:.★★★★☆.
純愛風の予告編とチラシに騙されてはいけない。いや確かに純愛なんだろうけどむにゃむにゃ…。こいつもまた青春ってこっぱずかしい。
世間の純愛って客観的に見るとこんな感じですね。これこそまさに純愛。

演技俳優として好きなエドワード・ノートンです。
最初は本当に青春恋愛映画の典型のような滑り出し、展開で、こりゃまたどういったことだ、このまま進行していったらどうしよう、寝てまうがな…と思って心配していました。しかし、やっぱりあの(あのってなんだ)ノートンがほれ込んで製作にタッチするからには、そんな甘ったるいものではない、ヘビイな内容でした。

この作品、世間の純愛を恋側からしっかり描きながらも、曇りやゆがみのない瞳(この場合レンズか)で、その愚かさを暴き立てています。

娘とハーレンは、確かに互いに本気で愛し合っているのかもしれません。が、客観的に見れば何も知らないトーブは、カウボーイさんの『ミステリアスな雰囲気』に夢中になっているだけとしか思えません。
父親からしてみれば風来坊で時代錯誤のカウボーイなんかと愛娘が恋に落ちたりしたら、激怒の上に反対するのは当然のこと。でも、恋に盲目となっている娘は定番の金切り声「なんで判ってくれないの」と叫びます。

ハーレンの方はそりゃもう完全に社会不適合者です。
純朴そうに思えますが、よく考えたら仕事中に海に行きたいなんていいだすような人間困ります。そんでもって本気で客と海に行ってしまう男なんて…。
父親に気に入られていないことには察しがつく割には、何故気に入られていないかがイマイチ判らない。私は最初、心機一転どこか農場で働くのかと思っていたのですが、彼は相変わらずただふらふらして、あるだけの金をつかってドレスをプレゼントして酒を飲んでドラッグして喜んでおるわけです。

愛し合って、なおかつ生活を営むという意味がまったくわかっていません。
雨露をしのぐ為にも、食べるためにも、服を着るにもお金が必要なこと、その為に社会に適合して地道に働くということ。
ただただ、あちこちをふらふらしてその日暮らしをしていてはいけないということ。
愛していれば何もいらないわけではない。

父親がロニーに対して心を砕いて大人になるまで銃を持たせないようにしていたのに、ハーレンの「男らしさ」というやつでダムで打たせてしまう。そしてますます父親の怒りを買うし。なのに理由がまったくわからないハーレン。

彼のようなカウボーイという流れ者的職業は西部時代なら成立しました。人手が必要な場所で働き、その日に必要なだけの日銭と酒さえ手に入ればいい。しかし今はそんな時代ではない。西部時代映画の撮影シーンに溶け込んでしまうような、彼は完全に今の時代に取り残されたアウトサイダーです。
彼が一人鏡の前で独白するシーンは彼の世間との協調性のなさをよく示していると感じます。

世間を知らない子供のトーブとロニーには憧れるような存在ですが、大人の父親からすれば浮世離れした空想の世界で生きているような人間です。
彼ががトーブをうっかり撃つまでは彼女も父親よりもハーレンのほうが正しい、自分を愛してくれていると信じていたんでしょうね。(映画世界のような)真剣な純愛のための行為なのでしょう、ガラスを割って他人の家に進入するような男を。

彼との出会いはトーブら姉弟にとっては大人になるには余りに強烈な一撃だったと思います。

日本公開日:2005/12/17 

「ダウン・イン・ザ・バレー」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ダウン・イン・ザ・バレー」を検索
「ダウン・イン・ザ・バレー」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
舞台はロサンゼルス郊外の住宅地、サンフェルナンド・バレー。ハーレンは、カウボーイハットとブーツに身を固め、カウボーイを自称するどこか謎めいた男。馬の扱いに長け、銃の腕も確かだが、21世紀のカリフォルニアに彼の居場所などどこにもない。しかし、母がおらず、厳格な父親と衝突を繰り返す17歳の少女トーブの目には、この年上の男が、“ここではないどこか”に自分を連れていってくれる、理想の恋人として映る。そしてトーブの13歳の弟ロニーは、彼に逞しい理想の男を見いだす。いつしかハーレンはふたりを父の手から救い出すことこそ、自分の使命だと信じるようになるが……。
【原作・ノベライズ】
-

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:-
原題:Down in the Valley
監督:デヴィッド・ジェイコブソン/
出演:エドワード・ノートン/エヴァン・レイチェル・ウッド/ローリー・カルキン/デヴィッド・モース/ブルース・ダーン/ジョン・ディール/カット・デニングス/ハンター・パリッシュ/アヴィヴァ/アーロン・フォース/ミューズ・ワトソン/ヘザー・アシュリー/ジェフリー・ルイス/エリザベス・ペーニャ/ジェニファー・エコルス/

製作:サム・ナザリアン/
脚本:デヴィッド・ジェイコブソン/
撮影:エンリケ・シャディアック/
美術:調査中
音楽:ピーター・サレット/
衣装:ジャクリーン・ウェスト/

日本公開日:2005/12/17
製作国:アメリカ
時間:112分
製作年:2005
ジャンル:ドラマ/恋愛
製作/配給:アートポート
備忘録:-

(2006,01,30)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
は 一体、何が起きたの 突然、「ブラウザ」が閉じやがった・・・ んだよ 最近、「調子わるんだよなぁー、このパソコン」 アドビの「アクロバットリーダー」の最新版をインストをしてから、こんな状況が多発している かといって、アドビのせいじゃーないかもしれな
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。