プルーフ・オブ・マイ・ライフ【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログプルーフ・オブ・マイ・ライフ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲プルーフ・オブ・マイ・ライフ

2006/01/13  (金) 22:11| 新作映画編集

今世紀最大の証明(プルーフ)には愛があふれていました。
プルーフ・オブ・マイ・ライフ日本公開日:2006/01/14 ■「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
監督:ジョン・マッデン/
出演:グウィネス・パルトロウ/アンソニー・ホプキンス/ジェイク・ギレンホール/ホープ・デイヴィス/ダニー・マッカーシー/ロシャン・セス/ゲイリー・ヒューストン/コリン・スティントン/


【ストーリー】
若さと美貌、天才的な頭脳──誰もが羨む才能に恵まれた女性が、生きる気力を失っていた。彼女の名はキャサリン、1週間前に父親が亡くなったのだ。精神のバランスを崩した父を一人で看病していた彼女は、抜け殻のようになってしまった。天才数学者だった父は、自身も数学を究めようとしているキャサリンにとって師でもあった。人生の羅針盤をなくしたキャサリンの元に父の教え子のハルがやって来る。彼の優しさに、少しずつ心を開くキャサリン。しかし、彼女がある1冊のノートをハルに託した時、すべてが一変する。そこには画期的な数学の証明が記されていたが、キャサリンはそれを証明したのは父ではなく自分だと主張したのだ。果たしてそれはキャサリンの証明なのか、それとも父の証明なのか・・。
【原作・ノベライズ】
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
David Auburn Rebecca Miller 池谷 律代 竹書房



【コメント】
数学者といえば、「ビューティフルマインド」をちょっとばかり思い出しました。これって証明した数式が父のものか、娘のものかで心無い中傷が始まるのでしょうかね。ただの恋愛じゃない洒落たセンスを期待したいです。

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」を検索
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


  1. 原作:プルーフ・オブ・マイ・ライフ
    David Auburn Rebecca Miller 池谷 律代 竹書房

  2. 原題:Proof
  3. 監督:ジョン・マッデン/
  4. 製作:ジュリー・ゴールドスタイン/ジェームズ・D・スターン/
  5. 脚本:デイヴィッド・オーバーン/レベッカ・ミラー/
  6. 撮影:アルウィン・カックラー/
  7. 美術:アリス・ノーミントン/
  8. 音楽:スティーヴン・ウォーベック/
  9. 衣装:ジル・テイラー/
  10. 出演:グウィネス・パルトロウ/アンソニー・ホプキンス/ジェイク・ギレンホール/ホープ・デイヴィス/ダニー・マッカーシー/ロシャン・セス/ゲイリー・ヒューストン/コリン・スティントン/
  11. 製作国:アメリカ
  12. 時間:99分
  13. 製作年:2005
  14. ジャンル:ドラマ/
  15. 製作/配給:ギャガ・コミュニケーションズ
  16. 日本公開日:2006/01/14
    (2006,01,09)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1月14日公開のメジャー系公開作でまだ見ていなかった「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」をやっと観ました。「素数」などの言葉が出てきたので「博士の愛した数式」をイメージしましたが、記憶をたどっていく展開もあり楽しめました。ただ、アカデミー賞となると作品賞や主
* bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ * 2006/01/23(月) 15:33:26
●『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』2006年1月14日公開。こちらもアカデミー賞最有力となってます。原題が『プルーフ 証明』なのに日本ではなぜか長い題名に。でも、なんだかアカデミー賞取れそうな面々がそろってます。監督は『恋に落ちたシェイクスピア』...
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。