SAYURI【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログSAYURI

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲SAYURI

2006/01/07  (土) 23:06| 映画感想編集

絢爛 無垢 毅然

SAYURIお薦め度:.★★☆.
日本人でない人種が日本を描いたのだから多少のへんてこりんなところは目をつぶろうと思っていたのですが…。予想どおりというよりも予想以上にへんてこ日本でした。〔長文レビュー有!

日本公開日:2005/12/10 

「SAYURI」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「SAYURI」を検索
「SAYURI」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
貧しい漁村に生まれた少女・千代は9歳の時"花街"の置屋に売られる。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子と評判の芸者、初桃がいた。親から引き離された寂しさ、下働きの辛さ、初桃の冷たい仕打ち…それは、幼い少女には過酷すぎる日々だった。全ての希望を見失った時、千代に運命の出会いが訪れる。ひとり涙に暮れる千代に、立派な身なりの紳士が優しく声をかけたのだ.「こんな良い日和に泣いてはいけないよ。君のように美しい子が、どうしたのだい?」`”会長”と呼ばれるその男は、千代に涙をぬぐうハンカチと小遣いを手渡すと、連れの芸者たちと共に立ち去る。それはほんの一瞬ではあったが、千代にとっては、人生は辛く苦しいことばかりではないと思い出させてくれた、永遠の出来事だった。この日から、千代は心から芸者になりたいと願うようになる。芸者になれば、会長さんにもう一度逢えるかもしれない…そんな停い願いが、千代に再び希望を与えたのだ。
【原作・ノベライズ】
さゆり〈上〉
アーサー ゴールデン Arthur Golden 小川 高義 文藝春秋


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト1公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔デンマーク公式サイト
原作:さゆり〈上〉
アーサー ゴールデン Arthur Golden 小川 高義 文藝春秋

原題:Memoirs of a Geisha
監督:ロブ・マーシャル/
キャスト:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/工藤夕貴/コン・リー/桃井かおり/大後寿々花/

製作:スティープン・スピルバーグ/ルーシー・フイツシャー/
脚本:ロン・バス/アキヴァ・ゴールズマン/
撮影:ディオン・ビーブ/
美術:ジョン・マイヤー/
音楽:ジョン・ウィリアムズ/
衣装:コリーン・アトウッド/

日本公開日:2005/12/10
製作国:アメリカ/
時間:145分
製作年:2005
ジャンル:ドラマ/恋愛/
製作/配給:ブエナビスタインターナショナル
備忘録:-

(2006,01,07)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。