奇談【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ奇談

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲奇談

2005/12/19  (月) 00:02| 映画短評編集

すべての謎が解き明かされた時 あなたは奇跡を目撃する――。

奇談 プレミアム・エディションお薦め度:.★★★.
私はこの手の「聖書見立て」「昔からの言い伝え」等々のコンセプトが大好きですし、それなりに経験値もあるのでなんとか理解できましたが、基本的に創世記の知識がない人にはかなりちんぷんかんぷんな作品です。

隠れキリシタンを扱うのは良いのですが、基本的にキリスト教ではどのような教えになっているのか、「奥」と称されている今でも隠れキリシタン宗教を信仰している人たちの考え方がどのように違うのかが今ひとつ理解できず…しかもしかも上手く説明できないところは全て「あれは全て謎のまま…」という独唱で終わらせてしまうのはがっかり。
私は何故十太が許されない罪を背負っているのか知りたかったです。
さらに加えて何故十数年に一度基本的に男の子だけ神隠しにあうのか、なぜ戻ってくるもののいるのかに関しては本当に全く謎のまま…。

人間が最初に神にそむいて口にした「知恵の木の実」。そしてそれに対応する不死を手に入れるという「生命の木の実」。それぞれを口にした子孫のたどる末路…という発送はとても面白いと思うのですが、消化不良で残念でした。

低予算の作品らしく色々美術等がへっぽこなのは今更なので目を瞑ります。

日本公開日:2005/11/19 ■「奇談」の劇場検索

【ストーリー】
子供の頃の失われた記憶を求めて、東北の山奥にある「隠れキリシタンの村」を訪ねた大学院生・佐伯里美。彼女は、16年前にその村で神隠しに遭い、そのときの記憶がなかったが、村の一部がダムに沈むことが決定して以来、神隠しに遭ったときの断片のような不思議な夢を見るようになっていた。一方、異端の考古学者・稗田礼二郎も「はなれ」と呼ばれるその村のある集落に伝わる聖書異伝『世界開始の科の御伝え』を調べるために村にやってきた。やがて、一人の「はなれ」の住人が処刑されたキリストのような姿の惨殺死体となって発見され、村は大騒ぎ
【原作・ノベライズ】
奇談
行川 渉 諸星 大二郎 角川書店



「奇談」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「奇談」を検索
「奇談」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本公式サイト
原作:奇談
行川 渉 諸星 大二郎 角川書店


原題:-
監督:小松隆志/
出演:藤澤恵麻/阿部寛/ちすん/柳ユーレイ/神戸浩/堀内正美/白木みのる/一龍斎貞水/草村礼子/

製作:ザナドゥー/
脚本:小松隆志/
撮影:水口智之/
美術:調査中
音楽:川井憲次/
衣装:調査中

日本公開日:2005/11/19
製作国:日本
時間:84分
製作年:2005
ジャンル:ホラー/
製作/配給:ザナドゥー
備忘録:-

(2005,12,18)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
奇談 キダン2005年  小松隆志 監督   原作 諸星大二郎 「生命の木 」(妖怪ハンター )藤澤恵麻 、阿部寛 、ちすん 、柳ユーレイ 、神戸浩 、白木みのる 、清水紘治この映画、知っていて、見たいと思っていたのですが、いつ始まってどこでやってい...
* 猫姫じゃ * 2006/08/12(土) 20:30:02
奇談を観てきました。諸星大二郎の漫画が原作ということでちょっと期待していました。でもなぁ、正直な話、予告編だけ観ればいい映画でした。「奇談」オリジナル・サウンドトラック川井憲次関連商品「感染」「予言」オリジナル・サウンドトラック MAKOTO オリジナルサウンド
* 流線型事件 * 2005/12/26(月) 15:09:37
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。