ポワゾン【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログポワゾン

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ポワゾン

2005/12/15  (木) 23:43| 映画短評編集

その愛は毒(ポワゾン)。人生を狂わせ、心まで裸にする。

ポワゾン ― dts版
鑑賞後:.★★★☆.
TVで鑑賞ということもありますが、それなりに楽しめたかな。美術的にも結構綺麗で当時の中近東あたり(ですよね?)の環境、そしてそれを支配していたイギリス紳士の環境がとても雰囲気良く演出されていました。


つくづくアンジーのセクシャリティポイントはあのぽってりとした唇なんだなあと痛感しました。2001年だとまだ20代の若さであの悪女さと微妙な女性の心の揺れ動きの演技は素晴らしいですね。
アントニオバンデラスも普通に撮れば普通のいい男なんだなあとなどど失礼なことを考えてしまいました。どうも最初の出会いが「デスペラード」なのでムサ苦しい変な男の印象しかないものですから。

個人的な思想からすると全く共感できるものでもないのですが、この作品の邦題「ポワゾン」の通り、身を滅ぼすと分かっていてもまるで麻薬の様にその魅力に抗うことの出来ないような恋愛もまたあるということなのでしょうね。

死刑を直前にしたアンジーの独白を交えながら進展していくストーリー展開で進行しながら最後にサプライズをもってくる手法はなかなか。
カードゲームに興じる紳士達の周囲で艶然と微笑むアンジーは実に魅力的でした。


日本公開日:2001/11/23 ■「ポワゾン」の劇場検索

【ストーリー】
19世紀後半のキューバ。コーヒー輸出業で成功したルイス・バーガスは身なりを整え、緊張の面持ちで船が着くのを待っていた。
ボルチモアの新聞が今しも妻を求める男と夫を求める女をここで引き合わせようとしていた。ルイスは愛など信じてはいなかった。美人でなくともいい、誠実で子供を産んでくれる女を求めていた。新聞の交際欄を通じて、ルイスのそんな要求に応え、アメリカ人の女がルイスと結婚するためにやって来ることになっていた。アメリカ人の妻は、この地で富の象徴であり、また仕事を円滑に運ぶための手段にもなるはずだった。
ところが、ジュリア・ラッセルを名乗り、ルイスの前に現れたのは、送られた写真とはあまりにも違う、まぶしいほどに美しい女だった。
【原作・ノベライズ】
暗闇へのワルツ
ウィリアム・アイリッシュ 高橋 豊 早川書房


詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ポワゾン」を検索
「ポワゾン」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2005,12,15)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
松竹 ポワゾン ― dts版 (2001)     出演 アントニオ・バンデラス (ルイス)     アンジェリーナ・ジョリー (ジュリア/ボニー・キャスル)     ジョーン・プリングル (サラ)     アリリン・マッキー (オーガスタ     ト
* ベルの映画レビューの部屋 * 2005/12/31(土) 10:39:21
製作年度・製作国・上映時間2001年・アメリカ・116分監督マイケル・クリストファー出演アントニオ・バンデラス 、アンジェリーナ・ジョリー 、ジョーン・プリングル 、アリソン・
* 映画かよ! * 2005/12/19(月) 22:03:31
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。