モンドヴィーノ【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログモンドヴィーノ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲モンドヴィーノ

2006/08/07  (月) 23:49| 映画短評編集

誰かに話したくなる、ワインの話。

モンドヴィーノお薦め度:.★☆.
 いやもう寝た寝た。完全に期待したものを外された作品でした。

私はもっと初心者がワインに親しむ為の基礎知識をワイナリーののどかな田園風景と共に楽しく教えてくれるものか(それこそ「世界ウル○ン滞在記」のように!)と思っていました。
ところがぎっちょん。ふたを開けてみると、中上級者向けマニア裏情報が炸裂。何年にどことどこの対立があったことは皆ご存知でしょう…って知らんて知らんて。

のどかな田園風景は確かに流れるのですが、取りとめも無くダラダラと撮りっ放し映像の垂れ流し(しかし何故か必ずその農場の犬を一生懸命追いかけるのは何故だ)
こうなると興味のない大学講義よろしく居眠りするしかありません。

ワインに関して自分は中上級知識を持っている!と自負する方にのみお勧めいたします。

日本公開日:2005/10/29 ■「モンドヴィーノ」の劇場検索

【ストーリー】
今ここ日本では、第六次ワインブームが進行中。値段が高いワインや希少なワインほど、インターネットショップでもレストランでも売れているとか。たとえばシャトー・マルゴー2000年、5万円。オーパス・ワン98年、2万5000円。おいしいワインは世界中のみんなが飲みたい。だから、市場原理で値段が高くなる。でもいったい誰がワインのおいしさを、値段を、決めているのか? その”おいしいワイン”は、本当に、おいしいのだろうか?

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「モンドヴィーノ」を検索
「モンドヴィーノ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
ワインに限定したトリビア集といった感じのドキュメンタリー作品…かな?私こういう一つのジャンルに関して非常に突っ込んだことまで言及しているものってそりゃあもう大好きでそんな書籍ばかり一時期一生懸命読んでいたときもありました。ワインには全く思い入れがないのですが(苦笑)こういうのは面白そうです。しかも予告編がおひょいさんなのでした。日本スタッフわかってるなあ。

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔フランンス公式サイト
原作:-
原題:Mondovino
監督:ジョナサン・ノシター/
出演:ミシェル・ロラン/モンダヴィー族/ド・モンティーユー家/ニール・ローゼンタール/マイケル・ブロードベント/ジャン=リュック・チュヌヴァン/フレスコバルディー族/アンティノーリー族/ロバート・パーカー/

製作:エマニュエル・ジロー/ジョナサン・ノシター//
脚本:-
撮影:ジョナサン・ノシター/
美術:-
音楽:-
衣装:-

日本公開日:2005/10/29
製作国:フランス/(2004/11/03)
時間:136分
製作年:2004
ジャンル:ドキュメンタリー/
製作/配給:シネカノン/クロックワークス
備忘録:-

(2006,08,07)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
モンドヴィーノドキュメンタリー映画 (2006/04/21)この商品の詳細を見る久々にワイン関連のDVDの紹介です。と言っても、もうすでにご覧になられた方が多数いらっしゃると思います。また、劇場へ足を運ばれたワイ
* 日々のワイン蔵 * 2006/08/12(土) 15:01:05
ワイン、大~好きっ!!昔は断然“赤”!しかもフルボディのタンニンたっぷり♪色も深みもある濃~いのが大好きでよく飲んでたなぁ。今は年齢と共に好みも変わり、同じ赤でもライトボディ。でもどうせ飲むなら、断然“白”!しかも軽くて飲みクチのいい、フルーテ....
* 映画とはずがたり * 2005/12/31(土) 01:01:10
モンドヴィーノ、いよいよ本日公開!!!9月、モンドヴィーノの試写会に行ってきました!ブログの中で、私はノクター監督に拍手をおくりたいと絶賛を・・・そしてシネカノンさん から 50名様分のモンドヴィーノの試写会のチケットをプレゼントしてい...
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。