ラスト・サムライ【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログラスト・サムライ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ラスト・サムライ

2006/12/10  (日) 21:45| 映画感想編集

改めてみると、結構おかしい…(笑)
と言うものの、日本人はなかなか描けないよねこんな風に。

かつて世界がうらやむような、まばゆい男たちが日本にいた。

ラストお薦め度:.★★★★.
 見る前はてんでバカにしていたのですが、意外によかったです。渡辺謙サイコー!〔長文レビュー有!

日本公開日:2003/12/06 

「ラスト・サムライ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ラスト・サムライ」を検索
「ラスト・サムライ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
退役した今となっても、かつて命令で報復と称して何の関係もない先住民部族を虐殺したことで心に傷を持ち、酒浸りの生活を送るアルグレン。/そんな彼に日本に渡って日本兵の養成に助力してほしいという依頼を舞い込む。/日本には現在の日本政府に反旗を翻すサムライ達がいた…。
【原作・ノベライズ】
ラストサムライ
ワーナーブラザーズ 学習研究社



公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:ラストサムライ
ワーナーブラザーズ 学習研究社


原題:Last Samurai, The
監督:エドワード・ズウィック/
出演:トム・クルーズ/ティモシー・スポール/ビリー・コノリー/トニー・ゴールドウィ/渡辺謙/真田広之/小雪/中村七之助/菅田俊/福本清三/原田眞人/小山田シン/

製作:トム・クルーズ/トム・エンゲルマンスコット・クルーフ/ポーラ・ワグナー/エドワード・ズウィック/マーシャル・ハースコヴィッツ/
脚本:ジョン・ローガン/エドワード・ズウィック/マーシャル・ハースコヴィッツ/
撮影:ジョン・トール/
美術:リリー・キルヴァート/
音楽:ハンス・ジマー/
衣装:ナイラ・ディクソン/

日本公開日:2003/12/06
製作国:アメリカ/
時間:154分
製作年:2003
ジャンル:アクション/アドベンチャー/ドラマ/戦争/
製作/配給:ワーナー・ブラザース
備忘録:2003年アカデミー賞ノミネート(助演男優賞(渡辺謙)/美術商/衣装デザイン賞/音響賞)

(2004,02,03)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
日本人も結構でています。 トムクルーズが侍って・・・ なんか違和感あるけど、現代の日本で和を 求めるのは外人のほうだろうと思う。 日本人もグローバルになりましたね。 評価 : 5/10
* Watch IT! * 2008/07/01(火) 15:32:52
(247)This is Busido!   〔これが武士道だ!〕ラストサムライ(The Last Samurai)ですが、トム・クルーズ主演で、渡辺謙・真田広之・小雪などお馴染みの日本の俳優がたくさん出ています。アメリカが作ったにしては、日本の時代劇としても、目に見えておかしい所は
* 英語の本を原書で読みたい! * 2006/12/12(火) 16:40:38
「ラスト サムライ」★★★ 2003年アメリカ 監督:エドワ
* いつか深夜特急に乗って * 2005/12/28(水) 05:35:57
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。