マッハ!!!!!!!【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログマッハ!!!!!!!

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲マッハ!!!!!!!

2005/09/19  (月) 22:17| 映画感想編集

一、CGを使いません
二、ワイヤーは使いません
三、スタントマンを使いません
四、早回しを使いません
五、最強の格闘技ムエタイを使います


マッハお薦め度:.★★★★.
 これはおバカ映画じゃありませんでした。純粋にアクション映画です。

■私は別にアクションにCGを使おうがワイヤーを使おうがスタントを使おうが、とにかく出来がよければ構いません。結局の所「素材」でしかないですから。ですから最初この映画のチラシを見たときは悪戯に「今は良くない、昔は良かった」を振りかざしていると思って嫌だなと思っていました。でもこれはそうじゃなくて「人間頑張ればここまでやれます!」と言っている様で楽しかったです。

■ストーリーはまあベタベタですが、元格闘ゲーム好きとしてはとても堪能できました。「わあ!あの技って本当に出来るのね!!」とびっくりすること多々。ムエタイだけではなく棒術やトンファーを使った格闘やカーアクションも入っています。

■「早回しは使いません」がスローモーションは使ってます。しかしあれ本気で入っている気がするのですが…心配。また効果音も「バキッ!」ではなくて「ゴン!」なので聞いていて「うーん頭叩かれたイタイイタイ…」って気になりました。
期待を外さないという点でこれは文句なしでした。格ゲーファンは是非ご覧になってください。

日本公開日:2004/07/24 

「マッハ!!!!!!!」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「マッハ!!!!!!!」を検索
「マッハ!!!!!!!」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
仏教とムエタイの国、タイ。敬虔な仏教徒の村から信仰の象徴ともいえる仏像が盗まれた。村人たちの失意と希望を胸に、一人の青年が立ち上がった。彼の名はティン。究極の武術ムエタイを武器に、仏像を取り戻すため過酷な戦いに出る・・・。
【原作・ノベライズ】
-

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔フランス公式サイト
原作:-
原題:Ong-bak
監督:プラッチャーヤ・ピンゲーオ/
出演:トニー・ジャー/ペットターイ・ウォンカムラオ/ルンラウィー・バリジンダークン/チェータウット・ワチャラクン/ワンナキット・シリプット/スチャオ・ポンウィライ/チャタポン・パンタナアンクーン/

製作:プラッチャーヤ・ピンゲーオ/
脚本:スパチャイ・シティアンポーンパン/
撮影:ナタウット・キティクン/
美術:アッカデート・ゲーオコート/
音楽:アトミックス・クラビング/
衣装:調査中

日本公開日:2004/07/24
製作国:タイ/
時間:108分
製作年:2003
ジャンル:アクション/アドベンチャー/
製作/配給:ギャガ・ヒューマックス/クロックワークス
備忘録:-

(2004,08,29)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。