カンフー・ハッスル【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログカンフー・ハッスル

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲カンフー・ハッスル

2005/02/02  (水) 16:08| 映画感想編集

これが、史上最強の ありえねー 闘いだ!!

カンフーハッスルお薦め度:.★★★☆.
 ありえねーー(笑)と言う点ではキャッチコピーの通り。
前作(と言っていいのかどうか)の『少林サッカー』のノリはパワーアップ。
…しかし、完全には乗り切れませんでした。

「(少林サッカーの)やりすぎなところが、逆に引く」と言った方がいまして、私は「あれくらいやってくれないと楽しくない」と答えたのですが、今回その意味を実感しました。「カンフーハッスル」は、やりすぎのため引いてしまいました。

今回と前回の違いはどこかと言うと、昔の中国映画らしさが出ている点。あのどことなーくミカン色っぽい土臭い感じがあります。そして前作で見たような俳優がわんさと出てきます。設定もキャラクターもベタ過ぎるくらいベタです。すばらしい。

しかし、暴力描写がやや痛すぎ。笑える次元を超えてしまった。
格闘アクションは好きなんですが、血飛沫や体の一部が飛んだり、刃物が刺さるのは一寸。というか、笑えない。しかもエンジンが温まった後半からならまだいいのですが、最初からそれでは笑えるところも笑えない。

チャウ・シンチー演じるへっぽこチンピラと「豚小屋砦」の住民とのやりとりは実に軽妙でしたし、家主の追走劇はまさに「正しいCGの使いかた」と言った感じでした。
シンの漫画的な身体能力や回復力が実は【誇張表現ではなく、本当に特別な能力だった】という切り返しは予想外でとても面白かったです。

前回は「サッカーで優勝する」という明確な理由があったのですが、今回は一本通った理由らしい理由はありません。一応主人公シンの成長?物語と言ってもいいのかもしれませんが大体自体登場しているシーンが少なめで印象が薄い。
個人的にはヒロインエピソードはもう一寸ちゃんと描くか、いっそ切った方が良かったと思うんですが。これも前作の影響で「こんな大人しい子だけど最後には…?!」と期待したら普通のままで終わってしまいました。

前回はサッカーに比重があったのですが、今回は少林寺拳法のアクションに重点がおかれてしまったのでパンチ・キック系アクションが好きではない私にはイマイチでした。

日本公開日:2005/01/01 

「カンフー・ハッスル」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「カンフー・ハッスル」を検索
「カンフー・ハッスル」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
悪が横行し、多くの貧民が行く末を嘆いた文明改革前の混沌とした中国。強く生きるためには悪くならなければならない…。チンピラ・シンはそう確信して今日も、せっせとコソ泥生活を繰り返している。そのシンが目指すのは栄華を極める冷酷無情な街のギャング団、「斧頭会」の一員になることだ。ある日、貧困地区で「豚小屋砦」という名のアパートを見つけた彼らは、住民の一人から小金を脅し取ろうとする。しかし、アパートに溢れるようにに賑やかに暮らす住民達は、その外見とはまったく違っていた!
【原作・ノベライズ】
カンフーハッスル 究極の書
集英社



公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:カンフーハッスル 究極の書
集英社


原題:Kung Fu Hustle
監督:チャウ・シンチー/
出演:チャウ・シンチー/ユン・ワー/ユン・チウ/ブルース・リャン/ドドン・ジーホワ/チウ・チーリン/シン・ユー/チャン・クォックワン/ラム・シュー/ティン・カイマン/ラム・ジーチョン/ジア・カンシー/フォン・ハックオン/フェン・シャオガン/

製作:チュイ・ポーチュウ/ジェフ・ラウ/
脚本:チャウ・シンチー/
撮影:ツァン・カンチョン/チャン・マンキョン/
美術:オリバー・ウォン/
音楽:レイモンド・ウォン(黄百鳴)/
衣装:シャーリー・チャン/

日本公開日:2005/01/01
製作国:中国/アメリカ/
時間:99分
製作年:2004
ジャンル:アクション/コメディ/
製作/配給:ソニー・ピクチャーズ
備忘録:-

(2005,02,01)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回紹介する映画は、ど派手ワイヤー・アクション映画の『カンフーハッスル』です。 カンフーハッスル:ストーリー文化革命前の混沌とした中国。本当のワルに憧れるチンピラのシンが、恐喝しようとしたオンボロアパーには、なんとカンフーの使い手がゴロゴロ。。やがて彼?...
カンフーハッスル いやぁ、、、グッときました、、よかったわぁ、、、 でもね、、、「ありえねぇ~」っていうコピー、嫌い。それに、カンフー・ファイティング って、入ってた??見るのに一生懸命で、聞き逃したのかなぁ、、、 チャウ
* 猫姫じゃ * 2005/07/22(金) 02:56:36
★シンチーが捧げる功夫への愛カンフーハッスル コレクターズ・エディション2005/中国=香港 監督:チャウ・シンチー脚本:チャウ・シンチー、ツァン・カンチョン、ローラ・フオ、チャン・マンキョン ⇒☆この映画を、借りてみる☆見終わった瞬間「びば、映画! びば、チ
* ヒトコトシネマレビュウ * 2005/05/17(火) 22:52:40
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。