戦争のはじめかた【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ戦争のはじめかた

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲戦争のはじめかた

2005/01/28  (金) 17:59| 映画感想編集

だって、自由の国なんだもん!

バッファロー・ソルジャーズお薦め度:.★★★★.
 真面目に観るべきではないことはわかるんですが、かといって単純に笑っていいものかどうか非常に判断に困る作品。
以前9.11事件の特集番組でマイケル・ムーアがこんなことを言っていました。
「あの事件が起こったとき、アメリカ人は驚いた。『どうして?私たちはこんなに世界の平和に協力しているって言うのに。愛されて然るべきなのに』そして初めて『もしかして、私たちって嫌われてる??』という可能性に気付いたんだ」
こっちの方が吃驚しました。アメリカ人って自分達が嫌われているって気付いてなかったのか!と。
つまり、そういう作品です。
他国から見たら米軍っていかにもこんなことやってそうな存在なんです。

主演のホアキン・フェニックスの演技がすばらしいです。前半の駐屯に退屈しきっている感じがよくでています。
死ですらコメディになってしまうのが笑うに笑えない…。いっそもっとシニカルに表現してくれればブラックユーモアだと判断できるのですが、あまりにもコメディすぎて…。ブラックユーモアっていうのは「この人達の愚かさを笑うと同時に憐憫をかんじてくれ」という気がするのですが、この作品は「こいつらアホやで。アホにつける薬はありませーん」って感じなんです。

どの辺がかって言うと、【戦車がガソリンスタンドにつっこんで爆発して、同じ軍隊の人間が死んだのに気が付いていない】ところとか、【仲の悪い上司へのあてつけの為に娘を引っ掛けて本気で恋しちゃうのはいいとして、じゃあ上司と和解するのかと思ったら逆に喧嘩ふっかける】ところとか【娘もいまいち止めない】ところ。【「正直に言おう、ベトナム戦争は楽しかった、人がいくらでも殺せるから」とあっさり言ってしまう】ところ。
一番まいったのはラストで【あそこまで半死半生の目に遭っていながらエルウッドの反省の無さ。しかも手口が寸分たがわず成長のない】ところとか。

ここまで米軍にダメだししつつ、この映画をみて真剣に怒りを覚えたり考えたりするのがバカに思えてくるほどのバカさ加減はすごいです。
しかも、役者達が「笑わせよう」というコミカルな演技が一片もないところが、いっそう複雑な気持ちにさせられます。

イギリス・ドイツ上手いなあ…アメリカの度胸を試しているのだろうか。
これも9.11事件よりも前に上映できていれば色々な議論が巻き起こったと思うのですが、本当に上映時期が悪かったですね。そういう意味ではもったいない作品です。

日本公開日:2004/12/11 

「戦争のはじめかた」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「戦争のはじめかた」を検索
「戦争のはじめかた」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
時は、ベルリンの壁崩壊が間近に迫り、アメリカでは第41代大統領ブッシュ(父)が就任中の1989年。西ドイツ、シュツットガルトに駐屯する米陸軍基地では軍の規律が緩み放題で、平和ボケしかけた上級士官たちは昇進でアタマがいっぱい、戦うべき敵のいない兵士たちによる問題も後を絶たない。そんな中、エルウッドも退屈しのぎに物資の横流しからヘロインの密売と、闇取り引きに手を染めていた。ところが彼がこれまでで最大級の取り引きを目の前にした時、基地の浄化を公言するリー曹長が新たに着任する。それはまさに、これから起こる惨事の前触れだった!
【原作・ノベライズ】
バッファロー・ソルジャーズ
ロバート オコナー Robert O’Connor 松下 祥子 早川書房



公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔ドイツ公式サイト
原作:バッファロー・ソルジャーズ
ロバート オコナー Robert O’Connor 松下 祥子 早川書房


原題:Buffalo Soldiers
監督:グレゴール・ジョーダン/
出演:ホアキン・フェニックス/アンナ・パキン/エド・ハリス/スコット・グレン/ディーン・ストックウェル/エリザベス・マクガヴァン/

製作:ライナー・グルッペ/アリアーヌ・ムーデ/
脚本:グレゴール・ジョーダン/エリック・アクセル・ワイズ/ノラ・マッコビー/
撮影:オリヴァー・ステイプルトン/
美術:調査中
音楽:デイヴィッド・ホルムズ/
衣装:調査中

日本公開日:2004/12/11
製作国:イギリス/ドイツ/
時間:98分
製作年:2001
ジャンル:コメディ/ドラマ/犯罪/戦争/サスペンス/
製作/配給:シネカノン
備忘録:-

(2005,01,28)/(中・感想)

【関連商品】
ありがとうございます
こちらからも折り返しさせていただきます。
これは笑うに笑えないし、怒るに怒れないというなんとも絶妙な作品でしたね…。
鑑賞したあとどうコメントしていいものか非常に判断に困りました。(苦笑)
2005/06/24(金) 00:44:51 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
こんばんは
TBさせてください。
わたしのブログのパートナーがDVDでこれをみて、結構感心していました。
わたしもぜひ見たいと思います。
2005/06/22(水) 23:29:27 * * TOM #Fq8DiWTI[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2001年 アメリカ/イギリス監督:グレゴリー・ジョーダン出演:ホアキン・フェニックス、エド・ハリス、スコット・グレン、アンナ・パキン1989年、ベルリンの壁崩壊間近の西ドイツに駐屯するアメリカ陸軍の内部腐敗を描く。L女映画館に見に行きたかっ...
* シネマチャット * 2005/06/22(水) 23:29:52
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。