ターミナル【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログターミナル

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ターミナル

2004/12/26  (日) 09:10| 映画感想編集

彼は空港(そこ)で待ち続けた。約束を果たす為に…

ターミナルお薦め度:.★★★★.
 予告編があんまり良い出来でしたので、「これはもしてして、予告編で期待過多になりすぎて本編を見て外すパターンかも」と思って注意をしながら観にいきました。

良いお話でした。こういう人間の温かい部分を観る事ができる作品はいいものです。

■言うまでも無く、トム・ハンクスの演技は素晴らしい。
どうしてアメリカ人のくせに英語の通じない演技が上手いんだ。
観ていて「ああ、この人全然人の言っていることが通じてないなあ…」と笑いながらもちょっぴり哀しくなりました。判っていないくせに曖昧に相槌を打つところとか、早口の英語を聞き取って理解しようとするんだけど、理解し切れませんでしたというような表情。パスポートを呈示するように求められて握手をするとこなんて、実にいいタイミング。

言葉が通じないから祖国の情報もまともに得ることが出来ない、空港という大勢の人間がいる空間で途方も無い孤独感を感じていることが良くわかる。

■「人生は待つこと」だとキャッチコピーでは言いますが、待つといっても「人事を尽くして天命を待つ」という意味での待つことでした。
ビクターは「法の穴」におちてスケープゴート=犠牲のヤギ(多分これにかけていると思うんだけど…)となるけれど、空港のロビーでひたすら待ち続けます。法を犯したり卑怯な手を使って脱出することなく、善行を重ね、前向きに、品行方正に。

彼は実にたくさんの努力を払う。祖国が無くなりアメリカにも入国できなくなるという一個人ではどうにもならない状況を、自分の出来る範囲で努力をし、ひたすら耐える。待つということは、自然に成っている木の実が落ちるのを見上げる、偶然と言う名の奇跡を望むことだと思っていたけれど、彼は種をまき、水をやり、風から守って、木が成長しそこから得られる(必然的な)結果が訪れるのを待っているようなことでした。

それは最終的に空港内で働くスタッフの否定的な気持ちさえ変え、厚い信頼を集める。最終的に【空港から暖かく送り出される】シーンは本当に心温まります。

■ただ、あえて苦言を述べるならば。
キャサリンセタジョーンズ演じるアメリアとのロマンスは思っていたよりもかなり薄い印象。人間ドラマの一端程度に描かれているのでその点を期待するとがっかりでしょう。

ただアメリアはビクターと出遭ったことで人生が大きく変わったと思います。【ビクターと一緒になることはなかったけれど、終盤近くのロータリーでビクターとアメリアが笑いながらお別れの挨拶をする】シーンはベタベタしない、互いの意思を尊重しているようなようで、とっても嬉しくどちらも応援したいような気にさせられました。

もうひとつ、実に『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を撮ったスピルバーク監督とトム・ハンクスらしい作品だと思いました。突出したところのない作品と思う人もいるような気がします。

それは勿論、愚作にありがちな「この程度作っておけばいいか」という作り手の匂いが漂ってくるわけではありません。
著名なキャリアのある人達が作り出したせいか、綺麗にそつなくまとまりすぎているかな?という気にはなりました。荒々しさや、無骨さ、嫌らしさを全く感じないといったらいいのか。
欠点がほとんど無い、非常にバランスの取れた作品になっていて笑えるし、泣けるし、感動はするけれど、逆にものすごく笑えないし、ものすごく泣けないし、ものすごく感動はしないのです…。

これは本当に素晴らしい美点でもありますが、もう一寸パンチを効かせて欲しかったなと思ったのも事実です。

日本公開日:2004/12/28 

「ターミナル」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ターミナル」を検索
「ターミナル」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
クーデターによって祖国が消滅してしまったヨーロッパのクラコウジア人、ビクター・ナボルスキーは、アメリカの空港にて足止めを余儀なくされる。その足止めの期間は数か月にもおよび……。
【原作・ノベライズ】
-

公式サイト:〔日本〕 〔アメリカ〕 〔フランス
原作:-
原題:Terminal, The
監督:スティーブン・スピルバーグ/
出演:トム・ハンクス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/スタンリー・トゥッチ/チー・マクブライド/ディエゴ・ルナ/クマール・パラーナ/ゾーイ・サルダナ/

製作:ローリー・マクドナルド/
脚本:サッシャ・ジャーヴァシ/
撮影:ヤヌス・カミンスキー/
美術:調査中
音楽:ジョン・ウィリアムズ/
衣装:メアリー・ゾフレス/

日本公開日:2004/12/28
製作国:アメリカ/
時間:128分
製作年:2004
ジャンル:コメディ/ドラマ/恋愛/
製作/配給:UIP
備忘録:-

(2004,12,25)/(中・感想)

【関連商品】
ありがとうv
コメントありがとうございます。
実のところ結構まめに拝見しにいっています。
リンク是非是非お願いします。
こちらからもさせていただきますので。
2004/12/29(水) 15:15:56 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
遅れながら
かがりさん、ご無沙汰してます。
初コメント・ゲットです(笑)
評判いいですね、ターミナル。
私の友人も良かったと言ってました。
ブログにもリンクを貼らせていただいてよいですか?
2004/12/28(火) 17:56:03 * * Yutaka #ZaUT1M7A[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近の飛行機は座席にプライベートモニターがあって、好きな機内映画が選べる機種が増えて嬉しいですね。この映画も香港帰りで関空直前に最初の30分だけ観てしまいましたが、、先程ちゃんとシネコンで鑑賞。海外行く際の入国審査って判ってはいても期待と不安...
* It's a Wonderful Life * 2004/12/26(日) 01:49:31
■監督 スティーブン・スピルバーグ■脚本 サーシャ・ガバジ、ジェフ・ナサンソン■出演 トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ  彼は空港(そこ)で待ち続けた。約束を果たすために・・・東ヨーロッパのクラコウジアという国の小さな村から、ニューヨークのJ
* 京の昼寝~♪ * 2004/12/25(土) 02:33:07
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。