キリング・ミー・ソフトリー【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログキリング・ミー・ソフトリー

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲キリング・ミー・ソフトリー

2005/09/19  (月) 00:00| 映画短評編集

覗いてはいけない愛の果て

キリング・ミー・ソフトリーお薦め度:.★★☆.
 前評判がエロチシズムだったのでその点を期待して行ったら期待外れでした(笑)。
サスペンスとしても「普通それまでに気付くだろう!」という突っ込みオンパレードです。

日本公開日:2002/02/23 ■「キリング・ミー・ソフトリー」の劇場検索

【ストーリー】
ロンドンに住むアメリカ人キャリアウーマンのアリスは、出勤途中に不思議な男アダムと出会う。まもなく2人は言葉もなく惹かれ合い、アダムの自宅で激しく愛を交わす。有名登山家であるアダムは、滑落事故で恋人を救えなかったことを後悔していると語り、それに心を動かされたアリスは、恋人ジェイクと別れて彼のもとへ行き、まもなく結婚。しかしアダムの愛情表現は次第に異常な様相を帯び、死の危険をはらむ性行為を繰り返すようになる。
【原作・ノベライズ】
優しく殺して
ニッキ フレンチ Nicci French 務台 夏子 角川書店



「キリング・ミー・ソフトリー」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「キリング・ミー・ソフトリー」を検索
「キリング・ミー・ソフトリー」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔アメリカ公式サイト
原作:優しく殺して
ニッキ フレンチ Nicci French 務台 夏子 角川書店


原題:Killing Me Softly
監督:陳凱歌(チェン・カイコー)/
出演:ヘザー・グラハム/ジョセフ・ファインズ/ナターシャ・マケルホーン/

製作:ジョー・メジャック/リンダ・マイルズ/マイケル・チニック/
脚本:カーラ・リンドスドロウム/
撮影:マイケル・コールター/
美術:ジェンマ・ジャクソン/
音楽:パトリック・ドイル/
衣装:フィービー・デ・ゲイ/

日本公開日:2002/02/23
製作国:アメリカ/
時間:101分
製作年:2001
ジャンル:サスペンス/
製作/配給:アミューズピクチャーズ
備忘録: 

(2004,02,21)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
覗いてはいけない愛の果て キリング・ミー・ソフトリー  2001年 アメリカ 監督 チェン・カイコー ロンドン在住アメリカ女性アリス(ヘザー・グレアム)は、ウェブサイト開発の仕事をしている。同棲中の恋人とも幸せに暮らしている。そんなある日、街で
* みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories * 2007/02/22(木) 15:41:55
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。