キャットウーマン【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログキャットウーマン

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲キャットウーマン

2005/09/18  (日) 23:53| 新作映画編集

すべての女には野生の猫が棲む
キャットウーマン日本公開日:2004/11/03 ■「キャットウーマン」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔フランス公式サイト
監督:ピトフ/
出演:ハル・ベリー/ベンジャミン・ブラッド/ランバート・ウィルソン/フランシス・コンロイ/シャロン・ストーン/

【ストーリー】
シャイで感じやすい芸術家タイプのペイシェンス・フィリップスは、どうしてもつい自己の存在に対して申し訳なさを抱いてしまう。彼女がグラフィック・デザイナーとして働くヘデア・ビューティー社が革命的な老化防止商品の発表を控えていたある日、ペイシェンスはその商品に関する恐るべき秘密を偶然にも知ってしまい、危険な陰謀に巻き込まれる。だが、絶体絶命と思われたその瞬間に、ペイシェンスは救われる――猫の強さ、スピード、敏捷さ、そして超人的に鋭い感覚を持つ女として生まれ変わったのだ。
【原作・ノベライズ】
アメコミ「キャットウーマン」

【コメント】
皆さん綺麗なお姉さんは好きですか?…好きに決まっておろうが!!(笑)ってな感じで私はストーリーが変だろうが、CGがしょぼかろうが、綺麗なイケイケお姉さんが見れるなら良しと思っているのですが。そんな私は駄目人間?しかし向こうでは異様なほど評価が低いんですが。一寸心配。

「キャットウーマン」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「キャットウーマン」を検索
「キャットウーマン」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


  1. 原作:アメコミ「キャットウーマン」
  2. 原題:Catwoman
  3. 監督:ピトフ/
  4. 製作:デニーズ・ディ・ノービィ/
  5. 脚本:ジョン・ブランカート/マイケル・フェリス/ジョン・ロジャース/
  6. 撮影:ティエリー・アーボガスト/
  7. 美術:ビル・ブルゼスキー/
  8. 音楽:クラウス・バデルト/
  9. 衣装:アンガス・ストラシー/
  10. 出演:ハル・ベリー/ベンジャミン・ブラッド/ランバート・ウィルソン/フランシス・コンロイ/シャロン・ストーン/
  11. 製作国:アメリカ/(2004/07/30)
  12. 時間:104分
  13. 製作年:2004
  14. ジャンル:アクション/犯罪/ファンタジー/
  15. 製作/配給:ワーナー・ブラザース
  16. 日本公開日:2004/11/03
    (2004,09,28)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。