キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

2005/09/18  (日) 23:52| 映画短評編集

本物の偽者(にせもの)を描いた真実のドラマ。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンお薦め度:.★★★★★.
 レトロなOPがいい感じ。レオさんもトムさんも良くも悪くも「何を演じてもこの人」という感が強いのですが、この作品は割りとそれが弱かったです。

日本公開日:2003/03/21 ■「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の劇場検索

【ストーリー】
16歳のフランク・アバグネイル・ジュニアは、両親の離婚のショックから家を飛び出し、生きるために小切手詐欺を思いつく。だが偽造小切手は怪しまれやすい。そこでパイロットの制服を手に入れた彼は、人々をあざむきつつ、提携する航空会社の飛行機で世界中をタダで飛び回る。実在の天才少年詐欺師と、彼を追うFBI捜査官を描く小粋なクライム・コメディ。
【原作・ノベライズ】
実在の人物(フランク・W・アバグネイル、スタン・レディング)を基にしています
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
DHC



「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」を検索
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:実在の人物(フランク・W・アバグネイル、スタン・レディング)を基にしています
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
DHC


原題:Catch Me If You Can
監督:スティーブン・スピルバーグ/
出演:レオナルド・ディカプリオ/トム・ハンクス/クリストファー・ウォーケン/マーティン・シーン/ナタリー・バイ/エイミー・アダムス/ジェニファー・ガーナー/エリザベス・バンクス/ジェームズ・ブローリン/

製作:スティーブン・スピルバーグ/ウォルター・F・パークス/
脚本:ジェフ・ネイサンソン/
撮影:ヤヌス・カミンスキー/
美術:ジャニーン・オッペウォール/
音楽:ジョン・ウィリアムズ/
衣装:メアリー・ゾフレス/

日本公開日:2003/03/21
製作国:アメリカ/
時間:141分
製作年:2003
ジャンル:犯罪/サスペンス/ドラマ/実話/
製作/配給:UIP
備忘録: 

(2004,02,08)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(''"Catch me if you can"'')は、1980年に出版された:en:Frank Abagnale Jr.|フランク・W・アバグネイルJr.著の自伝小説(邦題:『ドキュメント大詐欺師 もしもテメエにできるなら俺
* 映画の缶詰 * 2007/02/12(月) 16:20:34
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。