エリザベス【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログエリザベス

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲エリザベス

2005/09/18  (日) 23:28| 映画短評編集

その瞳が、唇が、その存在が革命。〈ヴァージン・クイーン〉25歳。

エリザベスお薦め度:.★★★★.
ケイトブランシェットがエリザベスの肖像画に激似(ほかにコメントないのか) 

日本公開日:1999/08/28 ■「エリザベス」の劇場検索

【ストーリー】
16世紀のイングランド。国内では旧教・カトリックと新教・プロテスタントが争っていた。ときの女王メアリーはプロテスタントを弾圧、新教派のエリザベスもロンドン塔に投獄されてしまう。しかし、ほどなくメアリー女王は他界。1558年、エリザベスに王位が継承される。イングランドの女王エリザベス一世の数奇な半生を描く歴史大作。

「エリザベス」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「エリザベス」を検索
「エリザベス」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:なし 〔海外ファンサイト
原作:エリザベス女王の半生
原題:Elizabeth
監督:シャカール・カブール/
出演:ケイト・ブランシェット/ジョセフ・ファインズ/リチャード・アッテンボロー/クリストファー・エクルストン/ヴァンサン・カッセル/ジョン・ギールグッド/エリック・カントナ/ジェフリー・ラッシュ/ファニー・アルダン/キャシー・バーク/

製作:ケイト・ブランシェット/ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー/アリソン・オーエン/
脚本:マイケル・ハースト/
撮影:レミー・アデファラシン/
美術:ジョン・マイヤー/
音楽:デイヴィッド・ヒルシュフェルダー/
衣装:アレクサンドラ・バーン/

日本公開日:1999/08/28
製作国:イギリス/
時間:114分
製作年:1998
ジャンル:ドラマ/歴史/実話/
製作/配給:日本ヘラルド
備忘録:1998年アカデミー賞ノミネート(作品賞/主演女優賞/撮影賞/音楽賞/美術賞/衣裳デザイン賞/メイクアップ賞受賞)

(2004,02,03)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。