アトランティスのこころ【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログアトランティスのこころ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲アトランティスのこころ

2005/09/18  (日) 23:01| 映画短評編集

世界でほんのわずかな人しか持っていない「こころの力」をその人は持っていた。  不思議な力がむすびつけたひとりの男と少年の こころの奇跡の物語。

アトランティスのこころお薦め度:.★★★★★.
スティーブン・キングの実体験を元に書かれた作品が元になっています。
最初は失礼ながらアンソニー・ホプキンズ怖いよう(羊達の沈黙の影響受け過ぎ)と思ってしまいましたが…人間って言うのはどうしてこんなに残酷でかつ純粋なんでしょう。
ラストの【初恋の人の娘に、子供時代の写真を見せる】シーンは涙がでました。本当に清らかな子供時代を象徴するような美しい写真なんです。

日本公開日:2002/05/18 ■「アトランティスのこころ」の劇場検索

【ストーリー】
父を幼い頃に亡くしたボビーは、若く美しい母リズと小さな田舎町で暮らしていた。リズは自分の装飾品にはお金をかけるが、ボビーにはかまわなかった。二人の家の二階に、テッドという老人が下宿することになる。驚くほど知的な彼は、どこか謎めいた男だった。人生という現実の感動と悲しみを体験する奇跡の物語。
【原作・ノベライズ】
アトランティスのこころ〈上〉
スティーヴン キング Stephen King 白石 朗 新潮社



「アトランティスのこころ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「アトランティスのこころ」を検索
「アトランティスのこころ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本〕 〔アメリカ
原作:アトランティスのこころ〈上〉
スティーヴン キング Stephen King 白石 朗 新潮社


原題:Hearts in Atlantis
監督:スコット・ヒックス/
出演:アンソニー・ホプキンス/アントン・イェルチン/ホープ・デイビス/ミカ・ブーレム/

製作:ブルース・バーマン/マイケル・フリン/
脚本:ウィリアム・ゴールドマン/
撮影:ピョートル・ソボシンスキー/エマニュエル・ルベッキ/
美術:調査中
音楽:マイケル・ダナ/
衣装:調査中

日本公開日:2002/05/18
製作国:アメリカ/
時間:101分
製作年:2001
ジャンル:ドラマ/ミステリー/
製作/配給:ワーナー・ブラザース
備忘録: 

(2004,02,09)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。