マイ・ファーザー【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログマイ・ファーザー

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲マイ・ファーザー

2005/08/19  (金) 00:37| 新作映画編集

父よ、あなたは本当に罪人だったのか…。
マイ・ファーザー 死の天使日本公開日:2005/07/02 ■「マイ・ファーザー」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔イタリア公式サイト
監督:エジデイオ・エローニコ/
出演:チャールトン・ヘストン/トーマス・クレッチマン/F.マーレイー・エイブラハム/トーマス・ハインツェ/ドニーズ・ワインベルク/オディロン・ヴァーグナー/カミロ・ベビラクワ/マリット・ニッセン/ペトラ・マリア・ラインハート/


【ストーリー】
1985年6月、ブラジル、マナウス。この町の郊外の小さな墓地で白骨死体が見つかった。アウシュヴィッツ収容所で数々の人体実験を行い死の天使と呼ぱれ恐れられ、戦後30年にも及ぶ逃亡生活をし続けたヨゼフ・メンゲレ。果たして、この遺体は本当に彼のものなのか?このセンセーショナルな事件を記録におさめようと、世界中の報道記者、カメラマンやTVクルーが、殺到した。群衆の中には、被害者であるユダヤ人、アメリカ人弁護士ポール・ミンスキーそして、メンゲレの息子ヘルマンの姿もあった。かつてナチによってつけられた、ユダヤ人の印を腕に持った女性がヘルマンに向かって叫ぶ…「人殺し1父親が人殺しなら息子も同罪だ!」
【原作・ノベライズ】
マイ・ファーザー 死の天使 アウシュヴィッツ収容所 人体実験医師
エジディオ・エローニコ ゲラルド・パリエイ



【コメント】
今年は60周年記念だからなのか妙に第二次世界大戦を描いた作品が日本で多く封切りされているような気がします。それとも私が感心を持つようになったからなのか?
多くの双子を死に追いやったとして有名なメンゲレ医師。そして父の罪に苦しむ息子。これが真実なのですから正に「事実は小説よりも奇なり」だと感じます。

「マイ・ファーザー」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「マイ・ファーザー」を検索
「マイ・ファーザー」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


  1. 原作:マイ・ファーザー 死の天使 アウシュヴィッツ収容所 人体実験医師
    エジディオ・エローニコ ゲラルド・パリエイ

  2. 原題:My Father, Rua Alguem 5555
  3. 監督:エジデイオ・エローニコ/
  4. 製作:ゲラル・ド・パリエイ/
  5. 脚本:エジデイオ・エローニコ/アントネッラ・グラッシ/
  6. 撮影:ヤーノシュ・ケンデ/
  7. 美術:エットレ・グエッリエーリ/
  8. 音楽:リッカルド・ジヤニ/
  9. 衣装:マリア・ベァトリス・サルガド/
  10. 出演:チャールトン・ヘストン/トーマス・クレッチマン/F.マーレイー・エイブラハム/トーマス・ハインツェ/ドニーズ・ワインベルク/オディロン・ヴァーグナー/カミロ・ベビラクワ/マリット・ニッセン/ペトラ・マリア・ラインハート/
  11. 製作国:イタリア/ブラジル/ハンガリー/
  12. 時間:112分
  13. 製作年:2003
  14. ジャンル:ドラマ/
  15. 製作/配給:アルシネテラン
  16. 日本公開日:2005/07/02
    (2005,08,19)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。