オーシャン・オブ・ファイヤー【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログオーシャン・オブ・ファイヤー

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲オーシャン・オブ・ファイヤー

2005/06/02  (木) 20:51| 映画感想編集

生き残れるか――!?それは、史上最も過酷なサバイバル・レース。

オーシャン・オブ・ファイヤーお薦め度:.★★★☆.
馬が好きなら必見の映画。美しい馬を沢山見ることが出来ます。主役のヒダルゴはとっても可愛い演技をしますし(馬の癖に…)ライバル役の筆頭アル・ハタルは本当にすばらしい体躯、見事な青毛で、もううっとり…。フランク役のヴィゴは一寸小汚い風の方が男前度アップしますね。馬好きで有名な彼にはきっとこの作品の撮影現場は天国だったに違いありません。実際にヒダルゴ役の馬を一頭買い取ったそうですし、写真集も出しています(買わなきゃ!)。

■しかしストーリーは分かりやすいというか、やや大味というか…エンターテイメントとするならば砂嵐なイナゴの大群、あとフランクの貞操(違うって)の危機などのそこそこの見所はあります。ただ馬主達が何故ここまでこのレースに執着するのかの思い入れが伝わってきません(フランクも数万頭の馬の命がかかっている割には中盤あっさりあきらめようとするし…当初はヒダルゴを奮い立たせるための嘘なのかと思ったのに…)し、アラブ馬のレースに唯一頭マスタング品種が参戦した意味をもう強調してほしかった。競馬レースなのに、メインがライバル馬の騎手ではなく馬主やその血族なのは最後のデッドヒートをイマイチ盛り上げない結果に終っていると私は思いました。

■ヴィゴ好きと馬好きならかなり大満足。是非観ましょう!!そんな作品です。

日本公開日:2004/04/17 ■「オーシャン・オブ・ファイヤー」の劇場検索

【ストーリー】
アメリカより海を渡り、勝者には富と名声、敗者には死のみが与えられる過酷なレース「オーシャンオブファイヤー」に挑む一人の男と一頭の野生馬を描く。
【原作・ノベライズ】
-

「オーシャン・オブ・ファイヤー」の劇場検索

詳細情報は以下に。
詳細情報は以下に。
ギャラリーで「オーシャン・オブ・ファイヤー」を検索
「オーシャン・オブ・ファイヤー」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
予告編を観て何が驚いたって馬がブチ柄なことです。
こんなメインを張る馬がこんなに特徴のある毛色だと入れ替えが効かないと思うんですけどどうしてるんでしょう…?きになるわー

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本〕 〔アメリカ
原作:-
原題:Hidalgo
監督:ジョー・ジョンストン/
出演:ヴィゴ・モーテンセン/オマー・シャリフ/

製作:ジョー・ジョンストン/
脚本:ジョン・フスコ/
撮影:シェリー・ジョンソン/
美術:調査中
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード/
衣装:調査中

日本公開日:2004/04/17
製作国:アメリカ/(2004/03/05)
時間:135分
製作年:2004
ジャンル:アクション/ドラマ/アドベンチャー/スポーツ/
製作/配給:ブエナ・ビスタ・インターナショナル
備忘録:-

(2004,06,09)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「オーシャン・オブ・ファイヤー」という映画をみました。 ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント オーシャン・オブ・ファイヤー  19世紀末。カウボーイのフランクとその愛馬ヒダルゴは、アメリカで行われる数々のクロス・カントリー競馬耐久レースで優
「オーシャン・オブ・ファイヤー」★★★★(DVD) 2004
* いつか深夜特急に乗って * 2005/07/04(月) 19:34:44
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。