あらしのよるに【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログあらしのよるに

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲あらしのよるに

2007/04/09  (月) 21:03| 映画感想編集

ともだちなのに、――おいしそう。

あらしのよるに スペシャル・エディション
お薦め度:.★★★★.
「友達なのにおいしそう」というのは素敵なコピー。
うん。いいお話ですね。実に可愛らしいし、現在風の童話といった印象です。
ヤギとと狼の関係は、お互い脚を引っ張り合ったり、憎みあったりする現在の社会の関係を揶揄しているようで、メイとガブの関係は実に純粋で、それでいてガブの葛藤は実にリアルです。

従来のアニメとは全く違った手法で描いてあるようで、メイの羊毛?のすすけ具合はすごいし、ガブの体毛のボサボサ加減といったらこれまた逸品。

…が。杉井ギザブロー監督、なんですかねこの演出と脚本は。
私何故だかものすごーーーく試されている気が致しましたわ。己の真の心根を暴かれるというか、腐女子のリトマス試験紙というか。
よっく分かりましたわ私が結局のところオタクオンナだということが(苦笑)

…以下「腐女子」「おたく」「妄想」という言葉が理解出来ない人は読まなくても結構です…。


元々予告編を観た時点でなんとなーく危険な匂いは感じていましたが、実際に本編を鑑賞してみるとその予想は想像以上に当たっていました。
最初は喰うもの喰われるもの種族を超えた友情物語という実に微笑ましい展開だったのですが、後半あたりからなんだか妙な雰囲気。

うーーーん。「友情」と「愛情」の境界線は一体何処にあるのでしょうか。
追っ手をようやく振り切って二人でニコニコ歩くメイとガブ。しかし「友情」でガブに頬を赤らめられてしまった日には私は一体どうしたら良いのでしょうか…。せめてこれでメイが女の子だったら、もしくは演出上比較的男前な話し方をするヤギだったなら……ああ、それでもだめだったかな…。
雪山でのガブの葛藤は本当に切なくてハンカチで瞼をおさえましたが、私は果たして「友情」で泣いているのか「愛情」で泣いているのか段々訳が分からなくなってきました。

「友情」のためにヤギは食べないと心に誓い、メイが就寝している間にこっそりと野鼠を摂っているガブ。分かっていても「なんとなく嫌なんです!」とむくれるメイ。「じゃあどうしろというんだよ!」と怒るガブ。
「友情」のために自分は殺さないと誓ってくれたガブも一方では、何がしかの生命を殺さないと生きていけない生き物。(一応)生きていない植物を食べて生きているヤギのメイがこの問題にどう決着をつけるのか。
正直私はこの問題はもっと突っ込んで追及してくれるのかと思っていたのですが、追跡・逃亡イベントが発生してしまってなんとくうやむやに終わってしまって本当に残念でした。
「友情」と「愛情」、基本的にはキザブロー監督が過去に監督した「銀河鉄道の夜」も人の観ようによってはそのようなニュアンスを含んでいるはずなのですが、今回の作品はどうにもその匂いがプンプンしてしまって本当に困りました。

いいお話なんですよ。お子様には是非ご覧になってもらっていろいろと考えてもらいたいな、と思わせる作品です。

日本公開日:2005/12/10 

「あらしのよるに」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「あらしのよるに」を検索
「あらしのよるに」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
嵐を避けて、真っ暗闇の山小屋に逃げ込んだヤギのメイ。そこで、同じように嵐から逃げてきた「仲間」に出会う。 仲良くなって、次の日に「あらしのよるに」を合い言葉にして再会を約束する二匹。 次の日メイの前に現れたのは、なんとオオカミだった!
しかしそのオオカミ、ガブとメイは、なぜかそのまま仲良しになってしまう。ガブにしてみれば、メイはごちそう。 我慢したり、悩んだりしながらも二匹は会っては散歩をくりかえす。
【原作・ノベライズ】
あらしのよるにシリーズ 全7巻
講談社
あらしのよるに ちいさな絵童話 りとる
あべ 弘士 講談社
小説 あらしのよるに
きむら ゆういち 小学館


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2005,12,22)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
小林麻耶アナウンサーが、男性キャラを演じていたら、文句ナシだった優秀作。オオカミのガブに、テレビに映る度に、竹内結子との事を聞かれている中村獅童。ヤギのメイに、ジャ
* Prism * 2006/02/02(木) 19:30:05
きむらゆういち作のベストセラーとなった絵本が原作の映画です。ある、激しい嵐の夜、野原の小屋に逃げ込んだ山羊のメイと、狼のガブが出会います。真っ暗な小屋の中で何も見えず、強い雨音で音も良く聞こえず、風邪のために鼻も効かず...、お互い相手の姿形が全くわから
見てきたっす~!!想像以上にクオリティー高くて吃驚!背景はアナログ×3DCGを駆使した作りで、最近のアニメ技術の凄さを痛感しました。ただ濁流の表現が妙にレベル低かったのは何
* days* * 2005/12/25(日) 17:19:08
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。