ポーラー・エクスプレス【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログポーラー・エクスプレス

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ポーラー・エクスプレス

2005/07/21  (木) 17:39| 映画感想編集

それは”初めてのクリスマス”を見つけに行く旅

ポーラー・エクスプレスお薦め度:.★★★★☆.
 久しぶりにピュアな映画を堪能しました。たまにはこんな作品も見ないとね(苦笑)サンタクロースを信じる子供向けというよりは、サンタクロースを信じる子供を持った親とか、サンタクロースを信じたかった・今でも信じたい大人向けだと思います。

■CG映画であることの意味
今回キャラの顔が余りにもリアルなので、海外ってどうしてこうリアルに拘るんだろう、もう一寸らしくディフォルメすれば良いのにと思ったのですが、見ているうちにこの作品はCG映画でありながらよりリアルである意味がありました。

吃驚したのは、CGなのにちゃんと演技になっていること。ちゃんと間や演技がトム・ハンクスの癖なんです。
予告でトムハンクスをもってしてCGなんてもったいないと思っていましたが、それは大きな間違いで彼の演技力の幅を感じます。
一人5役という難しい挑戦をへんなカット割りをせずに、主人公の男の子と車掌、サンタ同じ人が演じているのにごく自然に同じカットに共存させる。これはCGをもってして出来たことだと思います。

そしてもうひとつ、外見という枠を取っ払うことが出来ること。
実際にトムハンクスが8歳の少年を演じたらきっと「フォレスト・ガンプ」のようになってしまうと思います。でもCGが外見をちゃんと8歳の少年にしてくれるから、8歳の少年が8歳の少年としての役を演じているように感じるのです。

要するにトムハンクス級の演技達者が5人もいるという、なんとも贅沢な話なのです。この人ってこんなに演技のバリエーションがあったのかと感服せずにはいられません。

ただフルCGにある問題点はまだまだ解決には至らないようで、スピード感溢れるシーンでも「もったり」した感じや、紙・薄い布の表現は苦しいと感じましたが、トナカイがかわいかったからいいや。(なにそれ)

■サンタクロースって本当にいるの?
大人対子供の永遠のテーマとも言うべき質問ですね。

私はどうもこの手の、常識にこりかたまった主人公がファンタジーの世界に放り込まれ信じる心や他人を思いやる気持ちを持つようになる、という話にはのめりこみやすいタイプのようです。
私自身がファンタジーが好きな割りに常識ぶっているからかもしれません。だからこうなったらいいな、と思うのかも。

サンタクロースの存在を信じる・信じないではなく、いると信じることがサンタの存在を支える。「いる」と信じる人にはサンタは来るし、「いない」と思っている人にはサンタは来ない。

展開はミュージカルテイストな場面あり、はらはらドキドキさせるシーンあり、とても楽しく観ることができました。この作品元ネタは絵本だそうで、一体どのようにこんな作品に仕上げたのでしょう。製作者側の手腕を知る為にも見たいものです。

私には鈴の音は聞こえるでしょうか?いつか聞こえるようになりたいものです。

日本公開日:2004/11/27 

「ポーラー・エクスプレス」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ポーラー・エクスプレス」を検索
「ポーラー・エクスプレス」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
『信じる者だけに聞こえるトナカイの銀の鈴の音』
サンタクロースを信じる少年が「急行北極号」に乗りサンタクロースのいる北極を目指す。
フルCGアニメーション映画
【原作・ノベライズ】
急行「北極号」
クリス・ヴァン・オールズバーグ 村上 春樹 あすなろ書房



公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:急行「北極号」
クリス・ヴァン・オールズバーグ 村上 春樹 あすなろ書房


原題:Polar Express, The
監督:ロバート・ゼメキス/
出演:トム・ハンクス/ノーナ・ゲイ/ピーター・スコラリ/エディー・ティーゼン/マイケル・ジェター/チャールズ・フライシャー/

製作:スティーブ・スターキー/
脚本:ウィリアム・ブロイルス・ジュニア/
撮影:ロバート・プレスリー/
美術:リック・カーター/ダグ・チャーン/
音楽:アラン・シルヴェストリ/
衣装:調査中

日本公開日:2004/11/27
製作国:アメリカ/
時間:100分
製作年:2004
ジャンル:アニメーション/ファンタジー/アドベンチャー/
製作/配給:ソニー・ピクチャーズ
備忘録:-

(2004,12,18)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。