ヘルボーイ【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログヘルボーイ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ヘルボーイ

2005/07/20  (水) 17:54| 映画感想編集

魔界の使者を倒せるのは、地獄から来た“奴”しかいない!

ヘルボーイお薦め度:.★★★.
 やりたいことが多すぎで詰め込みすぎ?という印象

■従来のアメコミヒーローが一般人が超能力を得てその能力と人間性に翻弄される葛藤を描くことが多いのですが、この作品は逆に生まれながらに能力を持った怪物が人間らしい一面を持ち、子供の様な奔放さから「能力をもつ責任」を感じるようになる…という描き方です。

■面白いのか面白くないのかとても判断に困りました。原作を知らないので微妙…。…人気漫画のオリジナルビデオ化といった感じです。OP前にヘルボーイの生い立ちとして敵キャラクターを含めた丁寧な説明描写がなされてはいますが、知っていること前提で話が進んでいるような何だか舌足らずな印象。キャラクターに食いついて行き難い。
例えば、ヘルボーイの部屋に猫が沢山いるので「おそらく原作では猫好きという設定なんだろうな」という気はするのですが…だったら「にゃんこちゃーーんv」とかやって貰えると私としては食いつけるのですが、ただ猫が一緒にいるだけ。

■しかし、中盤でその舌足らずな点が綺麗に解説されて、周囲のキャラクターの魅力も描かれます。(要するにそこまでが長いのです…)サイコメトリック能力を持つ半漁人のヘイヴとのやりとりも楽しいですし、発火能力をもった女性リズにヘルボーイが密か?に思いを寄せる様がほほえましい。
最初は子供っぽく脱走したり、暴力に訴えたりする彼が育ての親を失ったことで精神的に大きく成長し真っ当に彼女を愛そうとしている様はちゃんと描かれています。

■なので「お、いいぞいいぞ。こっからどうなるんだ」と期待したのですが…。続編を作る予定がないのでここで全部やってしまおうという気持ちからでしょうか、ラストは詰め込みすぎの猛ダッシュ。
恋愛も一応きちんと終結したし、誕生の生い立ちも綺麗にまとまっている、大人としても成長したし…しかし、ラストで地獄の門を開くという重要なエピソードについて全編を通して余り伏線らしいものがないと感じました。なんといっても、最終ボス対決のあっけなさといったらありません。

■最後に【リズとキスをする】ことや、改めて最初からの展開等を考えてみると、どうも【恋愛】を軸に話を展開させていきたかったように思われます。しかし肝心のリズが具体的に登場するまでのキャラ説明的展開でが非常に長く、魔界と人間対決がメインと勘違いしてしまったのでラストがイマイチと思ってしまったようです。

日本公開日:2004/10/01 

「ヘルボーイ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ヘルボーイ」を検索
「ヘルボーイ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
第2次大戦末期の1944年10月9日深夜、スコットランドのトランダム大修道院跡で、妖僧ラスプーチン指揮のもと、第3帝国のトップ科学者将校でありオカルト結社トゥーレ協会会長カール・クロエネン、女将校のイルザらナチスの小隊が、5年の歳月をかけた「ラグナロク計画」を実行に移そうとしていた。ヘル=ホール発生機がうなる中、ラスプーチンのはめたメカ・グローブが異界の門を開き、混沌の7体の神オグドル・ヤハドを召喚しようとした寸前、急襲したアメリカ軍部隊によって阻止され、ラスプーチンは異界に呑まれてしまう。そして、こちらの世界に真っ赤な小猿のような生き物が残される。この事件の功労者、超常現象学者ブルーム教授は、フランクリン・ルーズベルト大統領に認可され、BPRD(超常現象調査/防衛局)を設立。“ヘルボーイ”と名づけられた小猿は、教授を父と慕い、トップ・エージェントとして極秘裏に魔物退治をしていた。
【原作・ノベライズ】
ヘルボーイ THE NOVEL
イヴォンヌ ナヴァロ Yvonne Navarro 藤田 真利子 江崎 リエ ジャイブ
アメコミ「ヘルボーイ」マイク・ミミョーラ作


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:ヘルボーイ THE NOVEL
イヴォンヌ ナヴァロ Yvonne Navarro 藤田 真利子 江崎 リエ ジャイブ
アメコミ「ヘルボーイ」マイク・ミミョーラ作

原題:Hellboy
監督:ギレルモ・デル・トロ/
出演:ロン・バールマン/ジョン・ハート/セルマ・ブレア/

製作:ローレンス・ゴートン/
脚本:ギレルモ・デル・トロ/
撮影:ギレルモ・ナヴァロ/
美術:ステファン・スコット/
音楽:ピーター・アマンドソン/
衣装:ウェンディ・パートリッジ/

日本公開日:2004/10/01
製作国:アメリカ/
時間:132分
製作年:2004
ジャンル:SF/アドベンチャー/ホラー/アクション/
製作/配給:UIP
備忘録:-

(2004,11,02)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ヘルボーイ Hellboyアメコミなのね。 90年代、マイク・ミニョーラ 原作。MARVEL でも、DC COMICS でもない、DARK HORSE Comics 。Hellboyというのは、異次元(いわゆる地獄かな?)から来た悪魔(赤鬼?かな?)なんだケド、今回は、その誕生から....
* 猫姫じゃ * 2006/05/09(火) 13:31:46
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。