容疑者 室井慎次【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ容疑者 室井慎次

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲容疑者 室井慎次

2005/09/07  (水) 22:01| 映画感想編集

He's “black”?

容疑者 室井慎次お薦め度:.★★☆.
 私は柳葉さんも室井さんも好きなんですが…正直につまらなかったです。
交渉人/真下正義』の方が作りの発想自体はともかくとしてエンタメとしてはまっとうに成立していたと認めざると得ないと感じました。

スピンオフとしてはある意味真っ当にスピンオフで、彼の隠された過去のお話が明かされたりしますが、正直とってつけたような陳腐な話(「チームアメリカ」スタッフが言うところの「薄っぺらいトラウマ」)でそうとうにしらけます。

室井を担当する若き女弁護士も同様。予告編で「私は警察が嫌い!」などとわめいているからには何かがあるのだろうとは思っていましたが、警察機構が嫌いなら嫌いなりの弁護材料を探すなどということもなく、こちらもまた表現も説明も足らず無くてもいいような理由でした。

内心「そんなことはどうでもいいからとっとと話を進展して欲しい!」と叫びそうでした。
面白味があると思ったのは室井を追い詰める八嶋氏演じる弁護士位。彼の怪演は光っていました。

「踊る」シリーズの魅力の一つともいえる「警察機構内の確執」に関しても、室井という機構サイドの主人公を抜擢しておきながら今回大いに外しました。

警視庁と警察庁の違いを理解できるまでにかなりの時間を要しましたし、実際すんなり話しに入った観客が一体何人いるのかも疑問です。この二つの省庁の明確なカラー分けもされない上に、単純に上層部の出世争いというだけに言及しているのも面白味にかけました。

何よりも私が一番理解に苦しんだのは、哀川翔を筆頭とする「現場の刑事」達のバカっぽさ。任意の事情聴衆で「交番で」「寿司詰め」になって「十数時間」も行うなんて事が許されるのでしょうか?
それこそ公安が動いてしかるべしで、いくらなんでもあんな刑事達がいたのでは国家の安全は大いに心配です。

現場の判断を是とするこのシリーズの意見は面白いし賛成だと思っていましたが、この作品を観た後では逆に不安になってきました。
管理官に求めるのは、暴走して起こした部下の失態に対して上層部が責任をとって謝罪することもそうですが、それよりも部下が失態を犯さないように「管理」することなのですから。

映画館にかけるにはそうとうにおそまつなつくりで、番組編成期の二時間スペシャルで充分なつくり。
今まで何年もかけて解説した「現場の正義感を重視する」という意見をてこ入れしようとして逆に崩壊させてしまったトホホな作品です。

日本公開日:2005/08/27 

「容疑者 室井慎次」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「容疑者 室井慎次」を検索
「容疑者 室井慎次」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
2005年2月某日-警視庁・室井管理官が、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう!
室井を救おうとする若き女弁護士。そして、警察の不正を暴くという大義名分をかざして徹底的に室井を追い詰める弁護士。
そこに、警察庁と警視庁の確執が絡み、新城や沖田の尽力も虚しく、事態は最悪の状況に。
室井の捜査への姿勢に心動かされた新宿北署の現場の刑事たちは、さらに殺人事件の真相を追う・・・。さらに、今まで語られることのなかった室井の過去が明らかになった時、室井はさらなる窮地に追い込まれる。

果たして、室井はシロか、クロか!?
【原作・ノベライズ】
TVドラマ「踊る大捜査線」

公式サイト:〔日本公式サイト
原作:TVドラマ「踊る大捜査線」
原題:-
監督:本広克行/
出演:柳葉敏郎/ユースケ・サンタマリア/寺島進/小泉孝太郎/高杉亘/松重豊/甲本雅裕/遠山俊也/水野美紀/

製作:フジテレビ/
脚本:十川誠志/
撮影:佐光朗/
美術:相馬直樹/
音楽:松本晃彦/
衣装:調査中

日本公開日:2005/08/27
製作国:日本/
時間:117分
製作年:2005
ジャンル:犯罪/アクション/コメディ/
製作/配給:東宝
備忘録:-

(2005,09,17)/(中・感想)


【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「容疑者 室井慎次」の舞台挨拶に行って来た。朝8:10からだったから6時前に起きて諸事情により(笑)浴衣を着て突撃サンスポ、報知本編の感想は置いといて、まずは舞台挨拶の模様を。。。※注:話を聴きながらのメモには限界があるので多少てきとーに編集してます(爆)
* |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο * 2005/09/08(木) 14:23:33
大事な試合も終わってホッと一息(´▽`)というわけで昨日は『容疑者 室井慎次』を観てきました♪踊るシリーズにしてはウケ狙いの部分が少なく、ほとんどがシリアスな感じ。唯一の笑い所は湾岸署の署長等、オトボケトリオの所でしょうか。室井に面会に来た3人。軽い漫才でし
* K-BLOG * 2005/09/08(木) 11:34:20
9日間で「容疑者室井慎次」「ロボッツ」「NANA」「サマータイムマシンブルース」の4本を鑑賞。まず「容疑者 室井慎次」(八嶋さん扮する灰島弁護士の似顔絵を添えています)今日、本広監督の「サマータイムマシン~」を観たんですがやっぱ監督が本職の人は違うなという
* 「ボブ吉」デビューへの道。 * 2005/09/08(木) 10:35:02
映画館で柳葉敏郎、哀川 翔、田中麗奈、出演の「容疑者 室井慎次」を観ました。●ストーリー室井(柳葉敏郎)が捜査本部長を務める新宿の殺人事件の被疑者として取調べを受けていた警官・神村(山崎樹範)が逃亡し、確保しようとした捜査員を振り切り、走って来た車に轢かれ死亡
* Rohi-ta_site.com * 2005/08/27(土) 21:35:07
今回はまたJiyu!da!カードの「Jiyu!da!会員限定 Cinema Ticket Prezent!」の情報があったので報告しました。今月のプレゼントは「容疑者 室井慎次」の劇場鑑賞券です。この映画はフジテレビ系列で放映されたドラマシリーズ「踊る大捜査線」のスタッフが「踊る」レジェン
交渉人 真下正義が封切りされてから約2ヶ月。 踊る映画ファンの間では早くも次回作に期待がかかっている。 タイトルは『容疑者 室井慎次』。 踊る大捜査線TVシリーズから見届けてきたファンにとっては前代未...
* シバ犬の散歩道 * 2005/07/19(火) 00:43:15
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。