ヴィレッジ【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログヴィレッジ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ヴィレッジ

2005/07/07  (木) 17:31| 映画感想編集

その村には、犯してはならない、三つの掟がある――

ヴィレッジお薦め度:.★★★.
■予告編で期待したところは外しませんでした。雰囲気はとても美しかったです。
■ホラーではありません。その辺を期待して観ると「なんじゃこりゃ?」と思うでしょう(私もそうだった)。そしてこの監督の定番『どんでん返し』もおそらく納得がいく人は少ないのではないでしょうか?
■…ではもうひとつのテーマと言われている「愛の力」については…少なくとも私には相容れなかったな。〔長文レビュー有!

日本公開日:2004/09/11 

「ヴィレッジ」の劇場検索

詳細情報は以下に。 ギャラリーで「ヴィレッジ」を検索
「ヴィレッジ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
深い森に囲まれたその村では、人々が家族のような絆で結ばれながら、幸福な暮らしを営んでいる。地上の楽園のような村には、決して破ってはならない三つの掟があった。森に入ってはならない、不吉な赤い色を封印せよ、警告の鐘に注意せよ-。誰が何のために掟を作ったのか、確かなことは誰一人知らないが、村人は森に棲むと噂される未知の生命体を恐れ、自分たちの世界の中だけで慎ましく生活していたのだった。そんなある日、ひとりの若者ルシアスが、村にはない医薬品を手に入れるために、禁断の森を抜ける許可を申し出る…。
【原作・ノベライズ】
-

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:-
原題:Village, The
監督:M・ナイト・シャラマン/
出演:ホアキン・フェニックス/シガニー・ウィーバー/エイドリアン・ブロディ/ウィリアム・ハート/ブライス・ダラス・ハワード/

製作:サム・マーサー/スコット・ルーディン/M・ナイト・シャラマン/
脚本:M・ナイト・シャラマン/
撮影:ロジャー・ディーキンス/
美術:トム・フォデン/
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード/
衣装:アン・ロス/

日本公開日:2004/09/11
製作国:アメリカ/(2004/07/30)
時間:108分
製作年:2004
ジャンル:サスペンス/ドラマ/恋愛/歴史/
製作/配給:ブエナ・ビスタインターナショナル
備忘録:-

(2004,10,02)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
夏です夏といえば、肝試しですね好きな女性と二人で、近所のお墓にいき、そこで、男が・・・男:「ほら、そこに誰かいるよ・・・」カサカサカサ女:「ギャァ~」と女は、男に抱きつき、思わず、男の顔は、てろ~んとたるんだ顔を隠しながら・・・男:「大丈
ヴィレッジM・ナイト・シャマランのMは何の略ですか? 普通ミドルネームを略すんじゃないですか。ま、そんなことはどうでもいいのですが、この人どんでん返し大好き、そしてどうにかして作品に出ないと気が済まないようです。「シックスセンス」で度肝を抜かれ、「アンブレ
* e-ga@MORIX * 2005/07/10(日) 16:20:31
「ヴィレッジ」★★★★(中劇2) 2004年アメリカ 監督:
* いつか深夜特急に乗って * 2005/07/08(金) 21:05:50
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。