美しい夜、残酷な朝【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ美しい夜、残酷な朝

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲美しい夜、残酷な朝

2005/07/06  (水) 23:50| 映画感想編集

美しい夜、残酷な朝お薦め度:.★★★☆.
一番王道と言えるのは香港、一番情緒的で面白味に欠けるのは日本、一番奇天烈なのは韓国。
三つの国の三人の監督がそれそれの感性でホラーを作るオムニバスストーリー。とはいえそれぞれに関連性は全く無いので全てにおいて小作りな印象は否めません。結構お金をかけた「世にも奇妙な物語」な作品。とはいえ、それぞれの監督の特色というかお国柄を垣間見ることが出来てオミニバスならではの楽しみは味わうことが出来ました。


■香港編 一番「ホラー」を意識する作品
げに恐ろしきは女性の美に対する執着。
ホラーという題材を一番真っ当に受け止めて製作された作品でした。特別捻りはありませんでしたがとにかく撮り方が異様にビビットで気持ち悪い印象を受けました。
料理を作ったり食したりするシーンって撮り様によっては本当に気色悪くグロテスクに見えるものです。
女性としては、そこまで…とは思うものの「いつまでも美しく若くありたい」願望が無いわけでは有りませんのでなかなか身につまされますね。

一般的にも一番感想を述べやすいのもこの作品のようで、鑑賞後に耳をダンボにして聞いていたら主婦軍が「腐ったような匂いはいやだよねー」と仰っていました。話の大根本(【人間の胎児を食べる】)よりもそっちに話題がいくあたり流石女性というべきか。
ちなみに師匠が見に行った時は前に座っていた男性がどうにも納得が行かなかったらしく椅子をガンガン蹴っていたそうです。男性にはいまいち理解できない心境なのかもね(苦笑)


■日本版 一番「製作国(日本)」を意識する作品
日本のホラーといったらこれでしょう。と、一部熱狂する人も多い「乱歩ワールド」チック。
全体的に美しく物悲しい青で統一された色調で雰囲気はありますが単純に情緒に訴えかけるだけで、面白味はありませんでした。良くも悪くも邦画らしい枠のゆるい作りで、あとは自分勝手に想像で隙間を埋めてくださいといった印象。

私も【へんちくりんな見世物小屋・シャムの双生児】という乱歩ワールドは好きなのですがただそれだけを見せ付けられたような単純な自己満足的な作品だと感じました。要所要所にラストに言及するヒントが散りばめられてはいますけど…で?といった感じで。こういうのって好きでしょう?と言われても…


■韓国版 一番「監督(パク・チャヌク)」を意識する作品
この映画IMDBDカテゴリでホラーとコメディにジャンル分けされていますがコメディってこの作品のことです。実に『オールド・ボーイ』を撮った監督らしい作品です。単純に怖いとかサスペンスフルでは終わらせないぞという意気込み満々です。
私はこの監督の作品とイ・ビョンホンさんの演技を観たくて足を運んだので、当然のことながら楽しめました。

これは現実のことなのかそれとも映画撮影の中での出来事なのかを曖昧するところが面白く、どちらにしても特殊な状況下で本人達は洒落にならないほど笑いことじゃない状態なのに笑いを誘う。
イ・ビョンホンも期待通りで、今回は比較的抑え目な演技ではありましたが相変わらず目は雄弁に語っておりました。ぽかーんとするのが上手いのだこれが。


それぞれの監督が「三つの国の監督が撮るホラー映画」というテーマを関してどこに注目したかが良く分かるという点ではなかなか楽しめる作品でした。

日本公開日:2005/05/14 

「美しい夜、残酷な朝」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「美しい夜、残酷な朝」を検索
「美しい夜、残酷な朝」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
■日本篇「BOX」:降りしきる雪の中、小説家の鏡子)は外出から帰途についていた。今でも原稿を手書きし、私生活はまったくベールに包まれた美貌の作家。鏡子が仕事場に戻ると、担当編集者の吉井がいた。吉井は仕事の範疇を超えて、鏡子に少なからず興味があるらしい。だがそんな吉井に鏡子が心を開くことはない。鏡子には人には言えない過去があった。

■韓国篇 「cut」:若手映画監督のリュ・ジホは誰もが羨むような成功を手に入れ、素晴らしい人生を満喫している。クリエイターとして確実な地位を手に入れ、観客からも批評家からも手堅い評価と支持を受けている。富と名声、それを裏付ける才能、誰からも好かれる性格、そして愛する妻...。ある日撮影から帰ってくると、見知らぬ男が彼を迎えた。それは狂った夜の始まり---。

■香港篇「dumplings」:いつまでも若く、美しく?それは全ての女性の夢。リー夫人は成功した事業家の夫と結婚し、引退した身。だが幸せなマダムとしての日々は長くは続かず、夫は若い愛人と逢瀬を重ねていた。キンは衰えていく美貌にふたたび若さを取り戻し、自分の生活を守りぬこうと決意を固める。
【原作・ノベライズ】
美しい夜、残酷な朝
行川 渉 角川書店



公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:美しい夜、残酷な朝
行川 渉 角川書店


原題:Three... Extremes
監督:「BOX」:三池崇史/「CUT」:パク・チャヌク/「Dumplings」:フルーツ・チャン/
出演:「BOX」:長谷川京子/渡部篤郎/「CUT」:イ・ビョンホン/カン・へジョン/イム・ウォニ/「Dumplings」:ミリアム・ヨン/バイ・リン/レオン・カーファイ/

製作:調査中
脚本:調査中
撮影:調査中
美術:調査中
音楽:調査中
衣装:調査中

日本公開日:2005/05/14
製作国:日本/韓国/香港/
時間:124分
製作年:2004
ジャンル:ホラー/コメディ/
製作/配給:エンジェル・シネマ
備忘録:-

(2005,07,06)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
美しい夜、残酷な朝原題 Three Extremes三池崇史、パク・チャヌク、フルーツ・チャン、3人のアジアを代表する監督の短編オムニバス映画。(by yahoo)オムニバスと言うことも知らずに見ましたが、ま、代表するかどうかは別にして、かなりよかったです。cut 韓国 パ...
* 猫姫じゃ * 2005/11/03(木) 04:44:09
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。