オールド・ボーイ【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログオールド・ボーイ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲オールド・ボーイ

2005/05/25  (水) 21:08| 映画感想編集

何のための復讐か。誰のための愛なのか。憎しみに終わりはあるのか。

オールド・ボーイお薦め度:.★★★★★.
「すごいものを観てしまった…」と思いました。
流石韓国、R-15だけあって暴力描写がすさまじいです。これだけでもう凹む人もいそうです。個人的にトンカチにブルブルしました…。怖いようトンカチ…。

構成演出の出来のよさに驚きました。やや難解な言葉遊び的要素、同じセリフを使っての異なる感情の表現は、実に私好みです。〔長文レビュー有!

日本公開日:2004/11/06 

「オールド・ボーイ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「オールド・ボーイ」を検索
「オールド・ボーイ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
ごく平凡な人生を送っていた男オ・デスは突然誘拐され、意識を取り戻すと狭い監禁部屋にいた。その後15年もの間、理由も分らないまま監禁され続け、2003年に突如釈放される。一体自分はなぜ、誰の指示で監禁されたのか!? 若い女性ミドの助けを借りて、復讐を誓うデスのもとに現れた謎の男ウジン。彼はデスに5日間で監禁の理由を解き明かせるかという、お互いの命を賭けた「ゲーム」をもちかける。
そこには想像を絶する、恐るべき策略がめぐらされていた…。
【原作・ノベライズ】
オールドボーイ―ルーズ戦記 (1)
双葉社



公式サイト:〔日本〕 〔ロシア
原作:オールドボーイ―ルーズ戦記 (1)
双葉社


原題:Oldboy
監督:パク・チャヌク/
出演:チェ・ミンシク/ユ・ジテ/カン・へジョン/オ・ダルス/

製作:調査中
脚本:ファン・チョユン/イム・チョンヒョン/パク・チャヌク/
撮影:チョン・ジョンフン/
美術:リュ・ソンヒ/
音楽:チョ・ヨンウク/
衣装:調査中

日本公開日:2004/11/06
製作国:韓国/
時間:120分
製作年:2003
ジャンル:アクション/ミステリー/サスペンス/
製作/配給:東芝エンタテイメント
備忘録:-

(2004,11,21)/(中・感想)

【関連商品】
岩の塊と砂粒の境界線
はじめまして。コメントありがとうございました。
私の周囲では割とウジンを指示する人が多い(といっても二人)です。
私も決してウジンがデスを憎む根拠が「下らない」「些細なこと」「見当違い」だとは断言できませんし、ましてや「そんなことであそこまでするなんてありえない」とはこれっぽっちも思いません。
子供時代に苛めた方はたいして覚えていないけれど苛められた方は一生覚えているのと同じことです。

宜しければ復讐三部作の第一作「復讐者に憐れみを」をご覧になることをお勧めします。エンタメ性は少ないので凹み具合はまた格別です…。
早く「親切なクムジャさん」上映してくれないかな。
2005/07/06(水) 20:22:43 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
はじめまして。記事に非常に共感しました。
なぜなら私はほんのりウジン派でして……。「たったそれだけのこと」と言い切るのが納得できなかったからです。
デスって、冒頭のみっともない酔っ払い方といい、その無神経さでいろんな人を傷つけて、気づかずにきたんじゃないかと思うんですよねぇ。

風評が一人歩きして人が死んだ場合、やっぱり誰かが誰かを憎んで復讐の連鎖が起こってもおかしくないと思います。
2005/07/04(月) 10:06:46 * * bambi@のら猫の日記 #-[編集]
コメント返信
返信遅くなってしまいスイマセンでした。
実はここ数日小分けにしてこの作品のコメンタリーを観ていました。監督と俳優陣でのコメンタリーはなんだか演技の褒めあいと、「あの時あの人が…」見たいな話ばかりでイマイチなんですが、監督オンリーのほうは映画オタクぶりが発揮されていて面白いので機会があれば是非ご覧になってみてください。

雪原のラストは矢張り観客の解釈にゆだねるようにかなり曖昧に描いていると言っていました。

ハリウッド版は本当にどうなるんでしょうか?
ジョニーだのブラピだのと言われていましたが、色々考えてどちらでも得意分野のところもありこの人では演じられないところもあるので難しいなあと。
個人的にはオ・デスはベネチオ・デル・トロに演じてもらいたいです。
2005/05/28(土) 17:05:32 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
深い愛って?
>かなでさん
こちらにもTBさせていただきました。
ラストの方の解釈は鋭いですね。
私もこのデスの決断に深い愛を見ました。
貫くことが愛なのか、突き放すのが愛なのかは
観る人それぞれに委ねることでしょうか。

原作の漫画も小説もそれぞれ違った味わいが
ある作品だったので、ハリウッド版も
楽しみです。

トンカチは視覚的にも怖いですね。
2005/05/26(木) 14:45:55 * * ユカリーヌ(月影の舞) #PQz7vE8o[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
オールドボーイ―ルーズ戦記 (1)を全巻読む。どこで人間恨まれるかわからないってな。
* blog50-1 * 2008/03/10(月) 21:23:09
オールド・ボーイ プレミアム・エディションposted with amazlet on 06.05.14ジェネオン エンタテインメント (2005/04/02)売り上げランキング: 2,587おすすめ度の平均: うーん・・・ コリアンパワー炸裂! ふたつの不道徳が、心をざわつかせるAmazon.co.jp で詳細を見る 「
* Notes @ opus77.net * 2006/05/14(日) 04:27:40
普段はできるだけネタバレ避けてレビュー書いているが、観た人も多いと思うのでややネタバレモードで。 平凡なサラリーマン、オ・デス(チェ・ミンシク)は、突然理由も分からず何者かに監禁され、15年後に開放された。いったい誰が、何の目的で……? 謎をさぐるためと復.
* のら猫の日記 * 2005/07/04(月) 09:55:55
KAZZのこの映画の評価 今、話題の”オールド・ボーイ”先月、試写会で見て来ましたタラちゃん(タランティーノ)が、絶賛するのも頷けるスピード感のある映画です面白かったですとっても原作は、読んでないのですが、漫画は読みました。こっちも、面白かったで...
オールド・ボーイ 原作は、日本の漫画なのね。おもしろいんだケド、なんかねぇ、、、ラストまではほんとに、引き込まれて見てしまいましたが、最後の方は、よくわかんないわ。自分の記憶を消したってこと??みんな救われない、、、映画としては、絵も
* 猫姫じゃ * 2005/06/29(水) 01:05:38
思いっきりネタバレあり!この映画が好きな人と、まだ観てない人、ご了承ください。オ・デスという名の男が、いきなり監禁された。なんでかは、本人も全然わからない。必ず、脱出してやると、体を鍛え、地道にお箸(なんと!)で壁を削り、15年後。もうちょっとで出られる...
* cube1555.com * 2005/06/24(金) 13:45:17
韓流ブームに乗っかって・・・ってわけじゃないけど・・・去年、評判の良かった作品なので見てみようかなっ・・・って事で。カンヌ映画祭でも審査員特別グランプリ?を獲得してるみたいだしーー。2003年製作のミステリー・サスペンス、120分もの。 あらすじ普通のサ
* ひらりん的映画ブログ * 2005/05/28(土) 04:15:08
「オールドボーイ」やっと観られたあ!!全国に遅れをとって、二日間だけの上映。しかも、映画館ではなく海沿いのとあるホール。いやあ、迫力あって、スピード感があって、ものすごく深いテーマが感じられた映画だった。展開の速さと謎に迫っていくところのムダのなさがいい。
* 月影の舞 * 2005/05/26(木) 14:29:52
「オールド・ボーイ」チェ・ミンシクの鬼気迫る怪演。「どうして、オレを15年も監禁したんだ」訳のわからない状況、そして復讐。謎解きよりも、明らかになる真実に主人公がどう反応するかということから目が離せない。可憐なカン・ヘジョンと無機的な...
* soramove * 2005/05/25(水) 21:57:37
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。