ハリー・ポッターとアズカバンの囚人【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログハリー・ポッターとアズカバンの囚人

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

2005/06/26  (日) 22:35| 映画感想編集

僕らは、変わる。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人お薦め度:.★★★★.
 過去三作品の中では一番楽しく見ることが出来ました。「今回はダーク」という触れ込みや、実力ある有名俳優を起用した事はよい方向に作用したと思います。しかし以下続刊中の児童文学の壁って相当に厚いのですね…。〔長文レビュー有!

日本公開日:2004/06/04 

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を検索
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
ホグワーツ魔法学校の新学期。街では危険な脱獄囚シリウス・ブラックの話題で持ちきりだった。噂によると、ブラックはハリーの両親をヴォルデモード卿に引き渡し、死に追いやった張本人。そして、今度はハリーの行方を追っている。ダンブルドア校長は、アズカバン牢獄の看守、ディメンダーを見張りに立てるが、彼らの闇の力はハリーにも影響を及ぼしていた。新任教師ルーピンから、魔力に対する防衛術を学んだハリーだが、ブラックの影はすぐそこまで近づいていた。
【原作・ノベライズ】
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
J.K. ローリング 松岡 佑子 静山社



公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ全シリーズ公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
J.K. ローリング 松岡 佑子 静山社


原題:Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
監督:アルフォンソ・キュアロン/
出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ゲイリー・オールドマン/ロビー・コルトレーン/マイケル・ガンボン/アラン・リックマン/フィオナ・ショー/マギー・スミス/ティモシー・スポール/エマ・トンプソン/ジュリー・ウォルターズ/トム・フェルトン/マシュー・ルイス/デヴィッド・ブラッドリー/デヴィッド・シューリス/リー・イングルビー/ジュリー・クリスティー/ロバート・ハーディ/オリバー・フェルプス/

製作:ディビット・ヘイマン/クリス・コロンバス/
脚本:スティーブ・クローブス/
撮影:マイケル・セレシン/
美術:スチュアート・クレイグ/
音楽:ジョン・ウィリアムズ/
衣装:ジュディアーナ・マコフスキー/

日本公開日:2004/06/04
製作国:アメリカ/(2004/06/04)
時間:142分
製作年:2004
ジャンル:アドベンチャー/ファンタジー/
製作/配給:ワーナー・ブラザーズ
備忘録: 

(2004,08,19)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。