インビジブル【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログインビジブル

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲インビジブル

2005/06/18  (土) 01:07| 映画短評編集

姿は見えないが、殺意は見える。

インビジブルお薦め度:.★★★.
いわゆる「CGの技術が発達したからこそ企画された作品」なので、それ以外の見所が余りないところがやや難かと。
とはいえ、透明人間になるシーンや元に戻るシーンは血流の流れに沿って再現されていくという解釈や透明になると目が閉じられないという発想が面白くてよかった。
(ただそうすると、眼球も透明なので像が結べないので見えないと思うのだけど。透明化の薬品は実際の腕に注射するような描写のためにカテーテルを介するのに、どうして復元する時は直接CGの血管に注射するのかがよくわからない。しかも注入するスピードが全然違う。同じにすればいいのに)

テレビ欄に「官能サスペンス」などと出ていて映画館で観た時はそんなに意識しなかったのですが、色々セクシー描写がありましたね(苦笑)矢張り男は透明人間になったら女湯にいくのが常識なのでしょうか。

つくづく「人の目は犯罪の抑止力たる」(ホームズ語録)ものだとは思いました。気付かれないとなるとどんどん犯罪に走っていくものですね。

日本公開日:2000/10/14 ■「インビジブル」の劇場検索

【ストーリー】
国家最高機密の研究プロジェクトのリーダーである天才肌の科学者、セバスチャン・ケインは、人間を透明にすることを目標にしている。彼は元恋人のリンダ、現在彼女と恋仲になっているマット、獣医のサラら研究メンバーと共に、既に動物実験を成功させていた。しかしその程度で満足できないセバスチャンは、皆の反対を押し切って自ら人体実験の被験者となり、透明人間になってしまう。透明人間になった天才科学者の悪意の暴走を描くSFスリラー。
【原作・ノベライズ】
インビジブル
ウィリアム・トーマス クイック William Thomas Quick 石田 享 竹書房



「インビジブル」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「インビジブル」を検索
「インビジブル」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:なし
原作:インビジブル
ウィリアム・トーマス クイック William Thomas Quick 石田 享 竹書房


原題:Hollow Man
監督:パウル・フェアヘーフェン/
出演:エリザベス・シュー/ケビン・ベーコン/ジョシュ・ブローリン/

製作:ダグラス・ウィック/アラン・マーシャル/
脚本:アンドリュー・ダブル・マーロー/
撮影:ヨスト・ヴァカーノ/
美術:アラン・キャメロン/
音楽:ジェリー・ゴールドスミス/
衣装:調査中

日本公開日:2000/10/14
製作国:アメリカ/
時間:112分
製作年:2000
ジャンル:ホラー/SF/サスペンス/
製作/配給:ソニー・ピクチャーズ
備忘録: 

(2005,06,18)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんにちわ、maiです。突然ですが、透明人間になったら何をしますか ・・・ちなみに、僕が、透明人間になったらろくなことはしません。というか、ブログで公にできないっす。 でも、ちょっとだけ言いたい・・・ 例えば、の中で・・・彼女がトイレに入るときに
H.G.ウェルズ原作の「透明人間」を下敷きにしたSFホラー。自らの身体を実験台に...
* spoon::blog * 2005/06/30(木) 09:57:21
国家最高機密に属する研究プロジェクトを率いる、天才科学者のケイン(ケヴィン・ベーコン)。人間を透明にするというプロジェクトを進めていた彼は、ついに自ら実験台となる。“透明”の力の虜になり、次第に行動が、エスカレートしていくケインは、狂気へと暴走していく。
* *モナミ* * 2005/06/19(日) 17:12:11
透明人間になった人間の狂気を表現した本作品。ケビン・ベーコンの悪役っぷりがなんともいえません。人間誰でも、透明になったら、やってみたいことなんで変わりないですよね。口に出して言えませんけど。。。そういえば、昔何かで透明人間になった人が車にはねら
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。