バンジージャンプする【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログバンジージャンプする

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲バンジージャンプする

2005/05/25  (水) 11:47| 映画感想編集

きっと、あなたは私を見つける。

バンジージャンプするお薦め度:.★★★★.
最後まで観てようやく作品タイトルの意味が分かります。
イ・ビョンホンの大学生時代の初々しい青年と、十七年経った後の人生の機微を知った後の教員の演じ分けが実に素晴らしい。

これはラブストーリーですが公式サイトでも後半はネタバレのために殆ど語られないという一寸変わったお話です。

死んだ恋人の生まれ変わりを追い求めるという話は結構多いと思うのですが、よくよく考えてみると前世が女性だから現世も女性に生まれ変わると言う保障はまったくないはずでして。】意外にこの点に着目した映画って今までありませんでしたね。

話の骨子としてはとりたてて斬新と思う点はありませんでしたが、これで序盤に恋人の女性が死んだことを露骨に示していたら本当につまらなかったと思うんです。

そうしなかったことで、何故いきなり17年後なのか、過去にあんなに愛した女性と一緒になっていないのは何故か、死別なのか破局なのかそれとも何か他の理由なのか。現在の展開に過去のシーンを少し織り交ぜていくことで凡庸になりがちなストーリーをミステリアスな雰囲気にさせています。

「映画」として観るなら、「少年が彼女の生まれ変わり」という結論は開かされる前にほぼ自明の事実なのですが、少年の居住まいと過去の恋人との印象が全く違うので「もしかして故あって分かれた恋人の息子なのか?」とか「画風が似ているのは、美術専攻だった彼女が絵を教えているからなのか?」などと余計な詮索をしてしまいました。

過去に死別した恋人が生まれ変わって再び現れる。
実際にあの世界で生きているインウからすればその結論に達するには相当な葛藤が必要なことでしょう。少年がその自覚がないのならなおのこと。
主人公が何故あの少年に執着するのかが本人にも全くわからないままに進展し、最後になるほどと思わせる脚本は上手いですね。

とにかくインウ演じるイ・ビョンホンの戸惑いと葛藤と執着の演技はすごいので必見です。廊下で誹られる少年に会ったときに「そこで泣くか!?」とビックリしました。本人も何故惹かれるのか分からないから辛いかもしれませんが、確かにそんな先生、ほかの人から見たら気持ちが悪い…。

この作品韓国で上映当時「同性愛」としての議論を巻き起こしたそうなんですが、主演のイ・ビョンホンもコメントしているように、そういう問題ではないお話ですね。

ただひとつ疑問に思ったのは「自殺は罪だから生まれ変われないんじゃないの?」ってことなのですが…キリスト教でも宗派が違うと大丈夫なのかしら。

ちなみにこの作品をみて暫くは「小指の魔法」と「食えよ」が大流行しました(笑)

日本公開日:2005/03/19 

「バンジージャンプする」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「バンジージャンプする」を検索
「バンジージャンプする」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
ある雨の日、突然自分の傘に入ってきた女性テヒと運命的な恋に落ちた大学生のソ・インウ。2人の恋は純情なインウをテヒが優しくリードする形で深まっていくが、それは始まりと同じぐらい唐突に終わりを告げてしまう。
【原作・ノベライズ】
バンジージャンプする
原 夏美 ワニブックス



公式サイト:〔日本公式サイト
原作:バンジージャンプする
原 夏美 ワニブックス


原題:Beonjijeompeureul hada
監督:キム・デスン/
出演:イ・ビョンホン/イ・ウンジュ/ヨ・ヒョンス/ホン・スヒョヒン/チョン・ミソン/キム・ジョンハク/イ・ジヨン/チャン・ソグォン/キム・ジュノ/ナムグン・ミン/パン・ジニ/キム・ウオン/キ・ジュボン/イ・ボムス/オ・ジヘ/キム・ガブス/

製作:チェ・ナックォン/
脚本:コ・ウンニム/
撮影:イ・フゴン/
美術:チャン・チュンソプ/
音楽:パク・ホジュン/
衣装:パク・ヒョンジュン/キム・ムンヨン/イ・ウンジン/ジャン・ユンジョン/

日本公開日:2005/03/19
製作国:韓国/(2001/05/28)
時間:101分
製作年:2001
ジャンル:ドラマ/恋愛/
製作/配給:IMX
備忘録:-

(2005,05,25)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
原題:Bungee Jumping of Their Own命日は2005年2月22日、クールな美人の印象だった彼女の悲報を聞いて、本当にビックリしたけど、あれからもう1年以上が過ぎたんですね・・。 目もくらみ足もすくむ、絶壁の崖の上に立ち、"死ぬことは終わりじゃない"
バンジージャンプする イ・ビョンホン 2本目。たまたまね。 最初はね、例によって、はにかむイ・ビョンホン。かわい!!で、純愛路線で、ニヤニヤして見ていたの。そしたら急に、時が流れて、学園ものに、、、イ・ビョンホン、国語の先生なの
* 猫姫じゃ * 2005/07/31(日) 00:41:10
(ややネタばれかな・・ご注意ください)意外な展開と聞いていたけれど、輪廻転生は割と扱われるテーマなんで驚きませんでしたが、そうなるかー!ちゅう感じではありました。ビョンホンは先日「甘い人生」を見たばかりでしたが、今回大学生の役は別人に見えました。いなたい
* 新×3 もろもろ日記 * 2005/05/25(水) 23:21:15
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。