リチャード・ニクソン暗殺を企てた男【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログリチャード・ニクソン暗殺を企てた男

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

2005/06/22  (水) 11:29| 映画感想編集

あまりにも孤独で、あまりにもナイーヴなテロリスト。

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男お薦め度:.★★★★☆.
 期待通り、いや期待以上に「ダメ人間」振りが凄まじくてブルブル震えました…。
私はテロリストというものは良くも悪くも純粋で「世界の不条理」が納得できない人がなるものだと考えていました。この作品はまさしくその点を激しく突っ込んでいます。〔長文レビュー有!

日本公開日:2005/06/11 

「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」の劇場検索

詳細情報は以下に。 ギャラリーで「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」を検索
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
1974年、アメリカ。不器用なその男は、今や人生の袋小路に追い込まれてしまった。やっと手に入れたセールスマンの職も、生来の器量の悪さが災いして業績をあげられない。再生を誓った家庭も、もはや崩壊してしまった。強く望んでも妻や娘たちの愛情を、彼は再びその腕の中に抱きしめる事ができない。疎外感と絶望感が彼の精神を蝕んで行く。テレビからは連日のようにニクソンの映像が流されている。ウォーターゲート事件が発覚し、ジャーナリズムがエキセントリックに報道を続けている。目に見えないウイルスのような物が、じわじわと男の肉体を支配しはじめる、そして、男は常軌を逸した計画を温めるようになる。ショーン・ペンが実在したナイーブなテロリストの心の闇を繊細、かつ緻密に演じきった問題作。
【原作・ノベライズ】
1974年に起こった事件を基にした作品

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:1974年に起こった事件を基にした作品
原題:The Assassination of Richard Nixon
監督:ニルス・ミューラー/
出演:ショーン・ペン/ナオミ・ワッツ/ドン・チードル/ジャック・トンプソン/ブラッド・ヘンク/ニック・サーシー/マイケル・ウィンコット/ミケルティ・ウィリアムソン/

製作:アレクサンダー・ペイン/レオナルド・ディカプリオ/
脚本:ニルス・ミューラー/ケヴィン・ケネディ/
撮影:エマニュエル・ルベッキ/
美術:レスター・コーエン/
音楽:スティーブン・M・スターン/
衣装:アギー・ゲイラード・ロジャース/

日本公開日:2005/06/11
製作国:アメリカ/メキシコ/
時間:107分
製作年:2004
ジャンル:ドラマ/
製作/配給:アートポート
備忘録:-

(2005,06,22)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
何だか面白くなさそうだけれど、ショーン・ペンだし、見ておくかー。というノリでDVDで観ました。f(^^;)妻と三人の子供と別居中のサムは、事務用家具のセールスマンをやりながら家族ともう一度やり直せる日が来ると信じているが、仕事には積極的になれない。黒人の友人
* 映画、言いたい放題! * 2006/05/20(土) 01:14:29
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)う~む・・・やっぱりショーン・ペンって凄いです。個人的にはあまり好きなタイプの話じゃないんだけど、ショーン・ペンの演技に魅せられました。1974年に実際に起きた事件を基にしているらしいのですが、とにかくシ
* ぶっちゃけ…独り言? * 2006/01/27(金) 05:26:16
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 2004年アメリカ(107分)監督:ニルス・ミュラー 出演:ショーン・ペン   ナオミ・ワッツ   ドン・チードル   ジャック・トンプソン   マイケル・ウィンコット★ストーリー★1973...
* WILD ROAD * 2006/01/20(金) 17:51:35
ショーン・ペン主演アメリカ大統領 リチャード・ニクソンを暗殺しようとした男の物語主人公ショーン・ペン演じるサムが犯行に至るまでを描いているバーンスタインのベートーベン ピアノ・コンツエルン皇帝が流れるバーンスタインをサムは世界で一番純粋で正直だと思ってい
* travelyuu とらべるゆうめも MEMO * 2005/08/06(土) 23:15:50
渋ーい映画でした。 人間正直過ぎてもうまく生きていけないんだなと考えさせられま
* Marさんは○○好き * 2005/07/10(日) 15:38:34
リチャードニクソン暗殺を企てた男を見てきました。銀座テアトルという場所が事務所から非常に近いのでよくポスターを見ていたのですが、どうしても気になるタイトルだったので見に行ってきました。ストーリーは、しがないサラリーマン、サム(ショーン・ペン)は嫁と子供と
* スノアド日記 * 2005/07/08(金) 20:47:48
昨今は日本でも信じられないような事件が起こる。特に、殺人事件に関しては数が急激に増えている訳ではないものの、マスコミの報道も頻繁になり、且つ、一般化していると言える。良く、「普通の人が起こす殺人」という様な言い方を安易にしているが、「普通の人」とはどうい
* 利用価値のない日々の雑学 * 2005/06/24(金) 23:19:23
いつも観に行く「チネチッタ川崎」では上映されてなかったので・・・今回はひらりん初見参の「109シネマズMM横浜」で観て来ました。新しいシネコンなので、シートが馴染まず、ちょっと動くたびにミシミシいうのが気になったぁ。この映画、主演はひらりん好みのショーン
* ひらりん的映画ブログ * 2005/06/24(金) 00:11:23
邦題:リチャード・ニクソン暗殺を企てた男『転職してセールスマンになったサム・ビックは、慣れない職場に居心地の悪さと不満を感じつつ、別居中の妻マリーとの復縁を願う日々を送っていた。"嘘"で固められた人間ほど得をしていくシステムに苛立ちを感じ、その全
* なおのオススメ文芸。 * 2005/06/22(水) 01:31:57
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』(2004 / アメリカ / ニルス・ミューラー) Text By 仙道 勇人  ウォーターゲート事件と言えば、事件から30年以上に渡って「ディープスロート」と呼ばれていた匿名情報提供者の正体が明らかになったばかりであるが、本作はそのウォータ
* I N T R O+blog * 2005/06/13(月) 18:15:43
■ ショーン・ペンSean Penn1960年8月17日生まれアメリカ / カリフォルニア州(元妻)マドンナ(妻)ロビン・ライト・ペン ・ザ・インタープリター (2005)・リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (2004)・ミスティック・リバー (2003)・21グラム (2003)・デブ
* ヲイラのだいあり? * 2005/06/12(日) 22:42:48
   アドレス一新して、久々にブログづいてきた。やはりバジル&トマトは色といい味
* ベ ラ ン ダ 生 活 ♪ * 2005/06/06(月) 00:20:15
■ リチャード・ニクソン暗殺を企てた男原題:THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON 1974年の2月にワシントン(バルチモア国際空港)で実際に起きたハイジャック未遂事件を基に、ナイーヴすぎるがゆえに人生につまずき、ついには民間機を乗っ取りニクソン大統領の暗殺を
* ヲイラのだいあり? * 2005/05/31(火) 11:55:37
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。