ダブリン上等!【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログダブリン上等!

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ダブリン上等!

2005/05/07  (土) 15:25| 映画感想編集

まわり道を、全力疾走!

iconiconお薦め度:.★★★☆.
この作品の何が一番素晴らしいって、邦題のセンス。そしてキャッチコピー。まったく持ってキャラが全員「まわり道を全力疾走!」これ以上でもなくこれ以下でもなくこの作品の本質をついています。素敵。

面白かったけど期待しすぎたかな。「スナッチ」をこぢんまりとそつなく作った感じ。たくさんのキャラクターを登場させておりますが、それぞれのキャラのインパクトと性格付けがしっかりしているので判りやすく乗りやすい。もっと複雑ではちゃめちゃなのかと思いましたがそれほどでなく、登場人物を覚えるのが苦手な私でも比較的お気楽についていけました。

とりあえず、どのキャラも目指しているものの為に選ぶ手段が微妙に変です。まさに「モンスター」のアイリーンをコメディにするとこんな感じです。特にレイフを演じるコリン・ファレルはこの役を熱望しただけあってイカレ振り・アホ振りがすばらしい。(褒めています)暖かい家庭を目指すならとりあえず地道に働いとけレイフ。中華鍋を通販している場合じゃないぞ。男性不信症のサリー…そりゃそこまでやられたら男性不信におちいるわ。ひでえ。

まあ内容が内容だけに余り語ることもありませんが、気楽に観る分には無責任に楽しめました。とりあえず、作中のブラウンソースティーを試飲した師匠の話によるとそうとうに不味いらしいです。

日本公開日:2005/02/19 

「ダブリン上等!」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ダブリン上等!」を検索
「ダブリン上等!」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
レイフは暖かい家庭を夢見、目下、人生設計中だがそのためには手段を選ばないヤツ。ジョンの親友オスカーはいいヤツだが彼女がいなくて万年欲求不満。男に裏切られて世の中を呪っているのはアナーキーなデイドラの妹“ロひげ”サリー。そして、ダブリン中の不運を一身に引き受けるバス運転手ミックに、ケルト戦士気取りのバイオレントな刑事ジェリーetc.……ダブリンを舞台にそれぞれのライフストーリーが暴走し、クライマックス、過激な銀行強盗騒動に発展する!!
【原作・ノベライズ】
-

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔スペイン公式サイト
原作:-
原題:Intermission
監督:ジョン・クローリー/
出演:コリン・ファレル/キリアン・マーフィ/ケリー・マクドナルド/シャーリー・ヘンダーソン/デヴィッド・ウィルモット/コルム・ミーニイ/

製作:ニール・ジョーダン/
脚本:マーク・オロー/
撮影:調査中
美術:調査中
音楽:調査中
衣装:調査中

日本公開日:2005/02/19
製作国:アイルランド/(2003/11/28)
時間:102分
製作年:2003
ジャンル:犯罪/ドラマ/コメディ/
製作/配給:アットエンタテイメント
備忘録:-

(2005,05,07)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。