タクシー2【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログタクシー2

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲タクシー2

2005/04/18  (月) 20:30| 映画感想編集

お待たせ今度は、パリで大暴れ!

TAXiお薦め度:.★★★.
 とりあえずコメディですし、余り深いことは考えずに観る分には楽しいかな。後に何にも残らないけど。

祖国フランスで彼はハリウッド被れと叩かれていると以前聞いたことがあります。当時、余り映画事情に詳しくなかったし、彼の監督作品を「レオン」しか知らなかったのでその意味が良くわかりませんでした。今になってこの作品を観て超納得。こんなに明朗快活なフランス映画は観たことが無い。

ここまでバカに徹していると気持ちがいいですね。突拍子のなさがすがすがしい。
親日家のベッソン監督らしく、日本のお偉方がとんでもなく勘違いはいっています。アホです。そしてそれを迎えるフランス側も当然日本を勘違いしまくっています。日本側に輪をかけてアホです。突っ込みどころ満載。楽しい。
とりあえず今度車に乗るときは「ニンジャー!」「ショーグン!!」と叫ばねばならぬ。

…しかし、よく考えてみると私は日本人だからこの「勘違い」が突拍子も無いと思えるけど、もしかしてフランス諸国からすると「日本ってこんな国なんだ?」と少なからず思われている…そんなこと無いよね。……一寸不安になってきた。

日本公開日:2000/08/12 

「Taxi2」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「Taxi2」を検索
「Taxi2」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
日仏サミットのためにフランスにやってきた日本の防衛庁長官の運転手に抜擢され た、スピード狂のタクシー運転手ダニエル。テロを警戒して作られた、厳重装備の護 送車に長官を乗せ、試運転をしている最中に、黒い三菱ランサーに乗った、謎のテロ リスト集団に長官を誘拐される。前作でもお馴染みの新米刑事エミリアンや、女刑事 ペトラを巻き込み、マルセイユからパリへの史上最速、前代未聞の救出作戦が、軽快 なフレンチ・ヒップホップ・ミュージックにのって展開する!
【原作・ノベライズ】
-

公式サイト:なし
原作:-
原題:Taxi 2
監督:ジェラール・クラヴジック/
キャスト:サミー・ナセリ/フレデリック・ディーファンタル/マリオン・コティヤール/エマ・シェーベルイ/ベルナール・ファルシー/

製作:リュック・ベッソン/ミッシェル&ローラン・ペタン/
脚本:リュック・ベッソン/
撮影:ジェラール・ステラン/
美術:ジャン=ジャック・ジェルノル/
音楽:アル・ケミア/
衣装:調査中

日本公開日:2000/08/12
製作国:フランス/(2000/03/29)
時間:89分
製作年:2000
ジャンル:コメディ/アクション/
製作/配給:日本ヘエラルド
備忘録:-

(2005,04,18)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。