ベルンの奇蹟【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログベルンの奇蹟

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ベルンの奇蹟

2005/04/17  (日) 23:57| 新作映画編集

信じていれば夢はかなう
ベルンの奇蹟日本公開日:2005/04/15 ■「ベルンの奇蹟」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔ドイツ公式サイト〕 〔イタリア公式サイト
監督:ゼーンケ・ヴォルトマン/
出演:ルーイ・クラムロート/ペーター・ローマイヤー/ヨハンナ・ガストドルフ/ミルコ・ラング/ビルテ・ヴォルター/ルーカル・グレゴリヴィチ/カタリーナ・ヴァッカーナーゲル/ヨアヒム・カップル/アンドレアス・“オーベル”・オーベリング/

【ストーリー】
1954年夏。西ドイツの炭鉱の町エッセンの近くルールに住む労働者階級の一家の元に第二次世界大戦でソ連軍に捕らえられ消息不明だった父のリヒャルトがソ連から送還されてきた。
彼はかつて就いていた炭鉱の仕事に戻り、家庭のなかに伝統的で厳格なドイツの規律を再構築したいと思う。リヒャルトは最初、マティアスのサッカーへの興味を認めない。
父リヒャルトの帰還は長年の捕虜生活で壊れてしまったかつて幸せだった家族に影を落とすこととなる。リヒャルトは絶望し、感情を示すことが出来ない。戦後のドイツで発展してきた新しい価値観に完璧に打ちひしがれ、帰還後、家族とも距離を置き、積極的に振舞うことを控えてきた。特に、初めて会うこととなった一番下の息子マティアスはその冷淡さの犠牲となる。
【原作・ノベライズ】
クリストフ・リーベンス「ベルンの奇跡」

【コメント】
実際にあったサッカーの試合を上手く絡めて、戦後のドイツやそのお国柄らしい家族の形を書いてくれているような気がするのだが…どうだろう。私が好きな「父子もの」。

「ベルンの奇蹟」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ベルンの奇蹟」を検索
「ベルンの奇蹟」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


  1. 原作:クリストフ・リーベンス「ベルンの奇跡」
  2. 原題:Wunder von Bern, Das
  3. 監督:ゼーンケ・ヴォルトマン/
  4. 製作:トム・シュピース/ゼーンケ・ヴォルトマン/ハンノ・ヒュース/
  5. 脚本:ゼーンケ・ヴォルトマン/ロッフス・ハーン/
  6. 撮影:トム・フェーアマン/
  7. 美術:ウーリ・ハーニッシュ/
  8. 音楽:マルセル・バルゾッティ/
  9. 衣装:ウルズラ・ヴェルター/
  10. 出演:ルーイ・クラムロート/ペーター・ローマイヤー/ヨハンナ・ガストドルフ/ミルコ・ラング/ビルテ・ヴォルター/ルーカル・グレゴリヴィチ/カタリーナ・ヴァッカーナーゲル/ヨアヒム・カップル/アンドレアス・“オーベル”・オーベリング/
  11. 製作国:ドイツ/(2003/10/16)
  12. 時間:117分
  13. 製作年:2003
  14. ジャンル:コメディ/ドラマ/スポーツ/
  15. 製作/配給:エレファント・ピクチャー
  16. 日本公開日:2005/04/15
    (2005,04,17)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
邦題:ベルンの奇蹟 原題:THE MIRACLE OF BERN 監督:ゼーンケ
* Pocket Warmer * 2005/04/30(土) 01:03:37
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。