ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

2005/05/15  (日) 16:38| 映画短評編集

そこにいるのは誰?

ハイド・アンド・シーク―暗闇のかくれんぼお薦め度:.★★★☆.
 こう考えると「シックスセンス」は良く出来た作品だったんだなあ…(苦笑)
私は決して嫌いではないですこの手の構成。従来のミステリー作品は色々な伏線をあちこちに張るのですが、この作品は沢山の間違ったヒントの中に数少ない本当のヒントが隠されているという印象です。

心霊現象のしわざのように見せながら実は二重人格】というところもそれなりに面白いですし。

ただあのラストは一体何を意味しているのかな…一寸怖い気持ち。

案の定ダコタ・ファニングちゃんの演技は起伏に飛んでいて素晴らしかったです。デニーロだって絶対に上手いはずなんですが彼女の前ではどうにもかすんでしまいますね(苦笑)

日本公開日:2005/04/23 ■「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」の劇場検索

【ストーリー】
悲劇は突然、デビットとエミリーの親子に訪れた。彼らの愛する妻であり母だったアリソンが、自ら命を絶ったのだ。浴室で手首を切り、血塗れになった母の姿――それはまだ9歳のエミリーが受け止めるには、あまりに大きな衝撃だった。すっかり心を閉ざしてしまうエミリー。心理学者であるデビッドは幼い娘の心の傷を癒そうと、エミリーと飼い猫のセバスチャンと共に、ニューヨーク郊外の湖のほとりある静かな町に移り住む。家中がアンティークのような古く大きな一軒家は、理想の住まいに思われた。しかし、エミリーは周囲と打ち解けようとせず、いつしか地下室で“見えない友達”と遊ぶようになっていく。
【原作・ノベライズ】
ハイド・アンド・シーク―暗闇のかくれんぼ
Ari Schlossberg 小島 由記子 竹書房



「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」を検索
「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
予告編で「また辛気臭い子供を連れてきたもんだ…」と感心していたらダコタ・ファニングちゃんでびっくりした(汗)。こんなに印象を変えられるものなのか恐ろしい子…(ガラスの仮面風)

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本〕 〔アメリカ〕 〔アメリカ〕 〔イギリス〕 〔フランス〕 〔ドイツ〕 〔韓国
原作:ハイド・アンド・シーク―暗闇のかくれんぼ
Ari Schlossberg 小島 由記子 竹書房


原題:Hide and Seek
監督:ジョン・ポルソン/
出演:ロバート・デ・ニーロ/ダコタ・ファニング/ファムケ・ヤンセン/エリザベス・シュー/エイミー・アーヴィング/ディラン・ベイカー/

製作:バリー・ジョセフソン/
脚本:アリ・シュロスバーグ/
撮影:ダリウス・ウォルスキー/
美術:スティーブン・ジョーダン/
音楽:ジョン・ポルソンオットマン/
衣装:調査中

日本公開日:2005/04/23
製作国:アメリカ/
時間:101分
製作年:2005
ジャンル:ホラー/ミステリー/ドラマ/
製作/配給:20世紀フォックス
備忘録:-

(2005,05,16)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2005年制作のアメリカ映画。全米初登場1位、興行成績$51,046,989。ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニングの共演によるサスペンス。母親の衝撃的な自殺に心を閉ざした9歳のエミリーのため、心理学者の父・デビッドは静かな郊外の町に移り住む。しかしそこで、エミリーは
* シネマ通知表 * 2006/10/29(日) 22:10:13
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼいやぁ、オカルト心霊ホラーだと思っていたのに、、、サイコでしたか、、、実はホラーだと思って、期待していました。 期待はずれ、、、さすが、ダコタ・ファニング ちゃん、ロバート・デ・ニーロ にも、負けていませ...
* 猫姫じゃ * 2006/01/25(水) 11:00:23
この映画を観る前に私が思っていたこと。え。デ・ニーロとダコタちゃんが、親子?・・・孫じゃなくて?(^^;で、この映画を観た後に思ったこと。デ・ニーロと、ダコタちゃんじゃなかったら、つまんなかっただろうな。ネタバレしちゃいけないタイプの映画だと聞いていたので期
* cube1555.com * 2006/01/19(木) 13:30:28
5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)お前かよ・・・と、いちおーツッコミを入れつつ、デ・ニーロとダコタ・ファニングの共演が話題となったサスペンス・スリラーです。う~ん・・・思ってた以上に古典的なパターンでしたね。残念ながらネタが分かった
* ぶっちゃけ…独り言? * 2005/12/30(金) 05:10:54
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。