全タイトル一覧
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ2008年04月
 次のページ

スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEXT -ネクスト-

2008/04/21  (月) 00:08| 映画感想編集

彼には見える、2分先の未来が──

ゴールデン・マン (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集) (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集)
鑑賞後:.★★★.
横で妹が爆睡していたのでびっくりしました。いえ、両方寝るか私が寝るってことは良くあるのですが、私が起きてて妹が寝てしまうってことはあんまりないので(苦笑)曰く「どこが見所なのかさっぱりわからなかった」とのこと。

未来を知りながら行動するってどんな感じなのだろう、どんな風に表現されているのだろう鑑賞。このデジャヴ感なんだろうと過去の自分の体験と照らし合わせてみるに、必勝本を見ながらRPGダンジョンをやっているときの感覚に似ている。ここの板を踏むと落ちるから避けなきゃ、みたいな。もしくは何度もプレイしたスクロールアクションゲーム。画面の幅以上は見えないけど既に何がどうなってるかわかってるからここでとにかくジャンプみたいな。

この未来の定義はまあ原作者が同じなので当然ですが「マイノリティ・リポート」と同じものを感じました。未来は決まってないし様々な選択で変わっていくとはいえ、未来を知らない人間ばかりならどういった選択をするかということも既に確定しているわけで、だから「今」の時点で「未来」はひとつってことなんですね。なるほど~。
それから本当に特殊能力を持っている人間は案外ひっそりと目立たず生活しているものだ、というのもそうかも、と思わせます。

以下、ややネタバレに抵触の可能性あります。

【Read More】

スポンサーサイト

 次のページ
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。